2016年3月アーカイブ

q0BVRnal.jpgいた

鳥栖戦録画見終わったん。
チームコンセプトを具現化した敬真ゴールで先制も、不運な形も3試合連続のセットプレーでの失点で追いつかれる。しかし、最後に待っていたのは中町公祐劇場。素晴らしいミドルループでの連勝でホーム初勝利、めでたい。

まずは、開始3分での得点について。
オフサイドだね(きっぱり)俊様も「触る」意図を持って触った気がする。関与。そして、触ったタイミングでは半歩出てる。でも、笛鳴らなかった。だからオンサイド。いえーい。

意図の共有がはっきりと感じられ、攻撃に「鋭さ」が伴うようになってきて、その上で富樫敬真が結果を残す。好循環。
起点は最終ライン、ファビオからのロングボールがアシストとなった訳だけど、チームとしてまずスペースを見る、裏を取るという意識の賜物。

鳥栖の戦略として高い位置から追うために全体の距離をコンパクトにする意図を持ってラインを高く設定していること、谷口がそんなにスピードがある選手ではないこと(よく知ってる)、うまくウィークを突く形となったのも良かった。敬真自身収まりもよく、うまく嵌ったかな、と。

俗にいう「深みを作る」プレー。裏を狙うことで最終ラインに裏の意識を植え付け、コンパクトな陣形を崩すことで中盤にスペースが生み、中盤にプレースペースを与えることで主導権を持ってくる。この試合は少し引いて相手を迎え入れたことはあるにせよ、事前準備として、やるべきこと。

敬真だけでなく、けーたくんも1つ2つ裏を取る形でラインブレイク出来たシーンがあったりと、裏を取る、チームの攻撃に鋭さを与えるプレーを見せてくれた。谷くんを振りきったシーン、オフサイドとなったファビオのスルーパスにダイアゴナルランで反応したシーンとアクションを起こせてるのは◎。

こういう若い力がチームに勢いを与えてくれてるのは間違いない。どうしても粗さはあるし、ミスもある、ただ、勢いというエネルギーをうまく使えてるからこそこの2戦は凄くスピーディに出来た(この試合はシュートまではなかなか…って側面はあるけど)
継続して結果出せると最高だね。

itaruru_gudetama.pngいた

福岡戦。
アウェイキット、ボールドピンクのユニフォームお披露目となった試合、序盤のセットプレーによる失点が重くのしかかる中、帰ってきたNo.10の伝家の宝刀によりなんとかドローに。もがき苦しんでの勝ち点1、ただ、個人的には凄くがっくりして悔しかったのが本音。勝ちたかった…

現状、どのようにして点を取るのか見いだせていないだけに、先に点を取られると厳しいのは自明の理。
その中で前節同様、序盤に失点する。セットプレー。注意・警戒はしていたものの、自分達のミスが絡んでしまう。今のチームの流れの悪さを象徴するような展開。

「飛び出したら絶対に触らなければならない」
GKに課される鉄の掟。しかし、鋭く曲がる末吉のインスイングのキックに対して飯倉様は触れず。ボールスピードと軌道に対しての判断ミス。ウェリントンにボールが届かなければ何も起きなかった訳で、彼としても後悔の残るプレーだったのかも。

このゴールによってゲームはくっきり。横浜がボールを保持しつつ攻め、福岡は凌ぎつつカウンターの機を伺う。前節同様、"遅攻の質"という課題と向き合うことに。
中村俊輔の復帰、中町公祐・前田直輝のスタメン起用という変更点はあったものの、状況が好転したかというと…。

多くの時間帯でボールを握り、相手を押しこむ状態ながら、流れの中の決定機は60分(翔さんチップキッククロスからまなヘッド)、初の枠内シュート(デコイ絡めつつ俊様溜めて横パス→中町さんミドル正面)まで待たなければならなかったことを鑑みると…改めてこの課題の難しさを感じてたり。

光明を見出すとしたら、後半開始のタイミングで仲川くんを投入したことで活性化したこと。
彼自身がファーストアクションを起こすことで動きが生まれ、選択肢となる。アクションがデコイとなってシュートチャンスに結びついたり、ポケットを使えたりと相手の守備を慌てさせる頻度は増えた。

何故活性化したのか…それは味方のプレーの様子を見過ぎずに主体的・能動的にファーストアクションを起こすからこそ。
無駄走りを厭わず、動く。それが出し手への選択肢となるだけでなく、相手を引っ張り、動かすことに繋がり、結果スペースや時間を作る、といったメリットを生んでいた。

この活性化を見ても、「主体性・能動性」は今後のキーとなりえる。アクションを起こすことで選択肢となり、相手を動かし、味方にスペースと時間を与える効果を生む。
現状、「様子見傾向」が強く、閉塞感が漂っている感もあるだけに、アクションを起こせる選手がチャンスを掴む可能性はあるのかな、と

又、フロートしてる所にパスを付け、サポートや追い越しアクションを付随するような連動したプレーアクションがもっと欲しい。まなが意識的にギャップで顔を出してるので、そこをスイッチに使えれば。
横パスによるアプローチの回避だけではチャンスには繋がらない、そろそろチームとして学んでもいい

ラストパスやシュート、一つ一つボールタッチの精度含めて一朝一夕にはいかない要素であるだけに、腰を据えてチャレンジしていくしかない要素ではあるけれど、チーム全体で「チャレンジ」する意思を持ち続けることでしか、クオリティは高まらない。前節もそうなんだけど、前半からやらないと…

その中で同点ゴールをもたらしてくれたのは中村俊輔の魔法の左足。ボールスピード抜群、壁を超えて上から「降らせる」軌道でポストすれすれに決まる。韓国代表GKイ・ボムヨンとしてもニアを「誘っている」ようなポジショニングではあったけれど、その予測を越えるキックだったのかな、と。

このFKに繋がるファールを貰うプレーも◎。
中町さんの斜めの楔に翔さんがスルー、その後方からまながダイヤゴナルに入ってきたところでファールをもらった。連動したプレー。こういうのどんどん増やしたい。複数人が絡んで相手を惑わすプレー。イメージの共有、意識をすりあわせ。

それと、後半、カードが嵩んでしまったのだけど、ほとんどがカウンターケアのプロフェッショナルファール。カウンター自体受けないことが一番で、大枠では奪われた後の切り替えやセカンド回収できていたのだけど、全てを抑えきることはぶっちゃけ不可能。セットプレーの時とか、ね。

その中でカウンターで危険なシーンになり得る時にファールででも止める意識があることはいいこと。福岡のカウンター移行がスムーズでとても速かったけど、まなや仲川くん含め、よく走って止めてくれた。チームの為に身体を張れる、その意識は常に持ち続けて欲しいし、その姿勢がチームを1つにする。

ともあれ、最後の俊様のコメント、…なんか言いかけたけど、勝ちますって言葉を信じて、新潟がんばろうってことかしら。

俊様が低い位置に落ちる、俊様が落ちて空く中央ににまなが外から入ってフロートする、みたいな形は実は見えてきてる。
後は、ボランチの1枚が前に出てサポートする、まなが中に寄って空いたサイドに出るとか、人の循環が繋がってメカニズムとしてできてくれば面白いかなー、という妄想はした。


aoi_mari.png蒼井真理

――電車内でぼんやりと考えた仮説を、まとめたり推敲せずになんとなーく連投してみたいと思います

「継続性あるスタイル構築や “チームを牽引する優秀な個” の成功体験」がもたらす思考停止に近い「思い込み」について。

――ターゲット型や純ストライカ型のFW、あるいはアデミウソンのようなゴリゴリ運び屋はマリノスが優勝争いをするための必要条件か?

仮説:「嘉悦前社長と下條チーム統括本部長、CFGがエリクを樋口さんの後任、新監督として招くために構築した “スタイルの継続性” という思考メソッド(や昨季のアデミウソンの高い貢献度)が、上手く機能してる部分と、逆に変化や進化を難しくしてる部分(≒思い込み)があるのではないか?」

重要なのは「ゴール数を増やす」⇒「ゴール(フィニッシュ)への逆算を確立する」事であり、その逆算も「どんなに対応されても上回るブッとい柱を1本用意する」でも「中くらいのを3本くらい作る」でもよくて、目的ではなく手段である、と

ただ渡邉千真だったり大黒将志だったり「ポストが務まるターゲット型と組ませフィニッシュワークに専念させられたら、もっと点取りそうなのになあ」なタイプだけが重なって在籍する時期が長かったり、後にマルキーニョスという素晴らしき1トップが出てしまったから⇒

⇒マリノスのファン・サポータや、あるいは選手たちにも「ターゲット型、前線で起点作れる1トップさえいれば」な価値観というか思い込みが醸成されたのでは…? いや、確かに「一般的で成功率の高い」考え方だと思うけど「必要条件」ではないだろう、あくまで手段のひとつだろう、と

でも人は「成功体験」や「一般的な認知、評価の高い手法」に縛られる。マリノスがどーやっても俊輔がピッチにいたら俊輔に依存してボールを集めてしまうのも同じ。過去に「そうやらないより、そうした方が良い結果がでたから」

監督やチームの持つ固有の「スタイル」も、似たようなものだと思う。サッカーに「究極最強の戦術」なんてものは存在しない訳で。理想という思い込みを、成功体験で補強し、失敗体験から排除すべきと判断した要素を削いでいったものが「スタイル」…なんじゃないのかしら

「成功体験」は、スタイル構築に不可欠。それが「今進んでいる方向性の正しさ」を補強し(自信となり)「次に進むべき道を照らす」

そして同時に、チームやそのスタイルにとって「不可欠なもの⇒必要条件」を増やす。「縛り」が増える

2011〜12シーズン以降のマリノスで言えば、「俊輔の偉才を最大限チーム力に還元する(≒気持ちよくプレイさせる)」には「4ー2ー3ー1でなくてはならず、1トップには前線で起点となりつつ得点力も発揮するスーパーなFWが必要」そんな縛り、思い込みが醸成されており⇒

それは「2012シーズン終盤あの“ホーム磐田戦”の素晴らしき快勝」をスタートに、2013シーズン終了まで続いた成功体験(偉大なるマルキーニョスの存在感)がもたらした「スタイル構築」と「縛り」

――でマルキを失った2014の樋口さんは、その穴を埋める事は容易でないと承知した上で「代案」を模索したが、行き着いたのは「伊藤翔を劣化版マルキ的に起用する」ダウングレード、縮小再生産な手法だった。2013シーズンが素晴らし過ぎた故に、抜本的なスタイル変更はできなかっ


その樋口さんの手腕に限界を感じた嘉悦前社長は、エリクを招聘し「樋口さんが構築したスタイルやシステムは可能な限りそのままに、エリクの手腕で樋口さんには出来なかった得点力の向上――マルキーニョスがいなくても」を託した

昨季から何度か指摘しているが、この「継続性」「樋口マリノス2013で高い完成度を示したスタイルやシステムを廃棄せず活用する」部分では、嘉悦前社長らの期待通りに上手く機能している。「能動的な守備ができなくなった」等の批判もあるが、手法がやや異なるだけでベースの思想は変わらない

エリク横浜の不運つーか、現在陥っている「思い込みの罠」は2つ。1つ目は昨季ラフィと俊輔の不在者で緊急補強したアデミウソンが、純ストライカ型でもターゲット型でもなく「変化、アクセント系」だった事。そのままでは、俊輔との共存やチームの問題解決は難しかった

そこでエリクは、アデミウソンに彼がそれまで築いてきたプレイ価値観とスタイルの変革と、Jリーグとマリノスへの適応を求めた。それが右ウイングハーフ「ゴリゴリ運び屋」としての起用。たぶん、ブラジルや欧州のトップレベルでは、小柄なアデミウソンはあんなゴリゴリ行けない。でもJならできた

アデミウソンの素晴らしいところは「俺そんなタイプじゃねーし」とか言わず、「監督が求めるなら、やってみよう」「ああJなら、確かにゴリゴリ行けちゃうな」「それがチームの助けになるなら」と、それまでのプレイ価値観とスタイルを極めて短期間で変化、適応してみせた事だ

…そうして、昨季ラスト2/3のエリク横浜は「ハーフウェイあたりからペナ角まで1人でゴリゴリ運ぶ」アデミウソンが、チームスタイルの大きな要素となった。「ちょっと相手のプレス強度があがると、引いた俊輔を経由しないと前に運べない」問題を解決し、俊輔は前残りできる時間も増え見事共存に成功

で、この「成功体験」がエリク横浜の新たな「不可欠なピース」「縛り」になり、アデミウソンを失った2年目は彼の不在に汲々としている――と。だが、この件でエリクを「アデミウソンという個に依存して組織構築を怠った」と謗るのは、少しお門違いではないかと私は思う

「本来そんなタイプではなかった」アデミウソンに、マリノスに不足する働きを求めプレイスタイルを変えさせ、俊輔と共存させた手腕は見事と言うべき。トップの監督は「育成やスタイル構築」だけが仕事ではない。勝たせないとクビが飛ぶ。ハサミやカッターがあるのに、素手で紙を綺麗に切る練習はしない

――俺には珍しく、良い喩えだと思う

現在陥っている「思い込みの罠」ちゅーか、まあ厳然たる事実だけどねアデ・ロスは。開幕戦前、早朝にも指摘したけど昨季ラスト2/3は「アデミウソンの適応」がチーム力の向上、スタイル構築の基軸に組み込まれてしまっていたから…。「来季いなくなる可能性あるのに」の批判は、先述の通り無意味

「思い込みの罠」2つ目は、俊輔がエリクの「トップ下じゃなきゃイヤだと言うが、ミーの要求するトップ下像できんの?」な挑発に、あの霧雨のホーム浦和戦で “完全に応えてしまった” 事。いささか瞬間的であっても、誰も文句のつけようのない結果、ファンタジスタの矜持を示した

あの浦和戦を思い出すと今でも背筋が寒くなる。あの試合の俊輔は普通ではなかった。アレを見せつけられたら、誰も文句は言えなくなる。明らかにあの試合から、エリクは俊輔を「特別な存在」として、ピッチでの裁量権を与えた。そして俊輔は、また俊輔らしく少しずつチームを俊輔の色に染めていった

これは俊輔が我が儘だとか、エリクが折れた不甲斐ないとか、そんな次元の話でないと(少なくとも今のところ)私は解釈する。天皇杯の神戸戦の後にも書いたが、俊輔はやはり特別なのだ。彼を保有するチーム、クラブが背負うべき業というか…。もちろん、リターンも大きく特別だ。だからエリクも認めた

――なんだけど、やっぱりエリク横浜にとっては「あまりに素晴らしく適応し戦術の軸となったアデミウソン、その離脱」と「エリクの価値観や方向性とは相容れないながらも、認めざるを得ない俊輔という特別な存在」は、解決の難しい大きな問題、成功体験による「思い込みの罠」として存在する――と

この成功体験による「思い込みの罠」「縛り」はマリノス、エリク横浜に限った問題ではない。解り易い例で言えば、磐田黄金期その後の凋落なんかもそうだろう。解決のためには、監督を変えたり中心選手を少しずつ入れ替えたり(世代交代したり)スタイル。変更したり――変化を怖がらない、が大事になる

なんだけど「継続厨」で「スタイル構築しろ」言い続けた俺が言うのもアレだけど、今回の樋口さん⇒エリクへの体制変更において、(実に結果論で申し訳ないが)少し「継続性に重きを置きすぎた」感がある、と。今回の連投はそんな話

故に成功体験による「思い込みの罠」が、今とても重くなってる、と

じゃあどうすれば良かったんだと言われると難しいネー。樋口さんの築いたスタイルを最大限生かしリーグ優勝を、という意味では……うーんラフィが怪我してなければとか、アデを獲得する時にローン延長オプション付けられてればとか、全部たらればになっちゃうしなあ

内からの改革、「思い込みの罠」その呪縛から逃れるという意味では、今いる選手たちに「俺がやってやる」って気持ちをもって欲しいなとは強く切に思います。「俊輔はいれば頼ってしまう、特別な存在」それがそもそも「思い込みの罠」な訳でね
itaruru_gudetama.pngいた

仙台戦録画見終わった…。
2016年Jリーグ開幕。3ヶ月の空白を埋める素敵なフットボールを表現してくれたら…という期待は、残念ながら叶わず。

コンセプトとして掲げる高い位置でボールを奪ってのショートカウンター、連続性ある動きによる連動性あるプレーはほとんど見れず、積年の課題であるブロックを組まれた中での遅攻ではクオリティを示せず。寒空の下、スタジアムに集った観衆からため息とブーイングを誘う結果となった。

前半に関してはほとんど「プレー」していないに等しい、本当に酷い出来。試合の入り方、マネジメント、なのかな…

・出足、切り替えといった動きの面で仙台に上回られ、セカンドボールを支配されたこと。
・チームとして奪いどころを設定しているように見えず、能動的な守備が見られなかったこと。
・引き出す、裏を取る動きも少なく、ボールがスムーズに動かせず、実効力ある攻撃がほとんど作れなかったこと。

特に大きな問題だったのは、チームとして奪いどころを設定できず、能動的な守備が出来なかったこと。
タッチの幅を目一杯使ってボールを動かす仙台のポゼッションに対して、ほとんどが相手のアクションに対してのリアクション、後追い。

最前線からのフォアチェック、攻撃方向の制御がほとんどなかったこと含めて主体的かつ能動的な守備をすることが出来なかったのは凄く残念。
スカウティングの問題なのか、コンディションの問題なのか、意識の問題なのか、戦術的な練度の問題なのか、その原因はわからないけど、スイッチが入らなかった

こういうゲームをしてはいけないという好例。
チームのコンセプトを具現化するためにメンバー的に先鋭化しているが故、トレードオフしている要素もあるだけに、コンセプトが表現できなかったら自分の席がなくなるぐらいの意思を持たないと。何となくプレーしているだけではピッチに立つ意義はない。

後半に入って、攻守にアグレッシブな姿勢を取り戻し、切り替えのスピードも改善。アタッキングエリアに入る頻度やセットプレーのチャンス自体も増えた。仙台を守勢に回し、試合の大部分を支配。

人の動きが増えることでボールがスムーズに動く、その流れに連動した形で更にアクションが起きてプレーが流れてチャンスに繋がる。攻撃においてこういうことがやりたかった、というのは見えたし、非常に能動的ではあった。

しかし、ここで積年の課題と向き合うことになる。攻撃における「クオリティ」不足。
例えば、スルーパスで翔さんが抜けたところでのパスに対しての「角度」が悪くゴールに迎えなかったこと。
例えば、ボックス角でまなや仲川くんがボールを持てど、クロスの質が伴わなかったこと。

ボックスの中で仕掛ける、勝負をする、という勇気がなかったこと。
近づけど、仕留められず。クオリティ不足。

こういうときに俊様がいたら、魔法をかけて何かを起こしていたのかもしれない。しかし、その俊様は不在。その中でピッチに立った選手達が何かを起こせたらよかったのだけど、この試合に関しては何も起こすことは出来なかった、と。

練習やらTM見ても出来ない選手達だとは思わない。ただ、この舞台で出来なければ何の意味もない。安易なクロス選択より仕掛けたり、強引に打ちに行ったり方が相手は怖い。そこは勇気、決断。個人的にも後押ししてあげたかった。

結果として0-1の敗戦。
進歩が見られなかった、高いパフォーマンスも見られなかった、という意味でがっくりと来てしまう試合に落胆したのは事実です。
ただ、出た結果は変えられないので次の試合にむけて、糧としていくしかないのかな、と。簡単ではないけど…切り替え、ですね。

ともあれ、こういう悔しさもシーズンが始まったからこそ。ネガティブにいても楽しくないので、楽しむ気持ちを忘れず新しいシーズンを過ごしていきたいです、はい。
aoi_mari.png蒼井真理

今季もメインスタンド2Fから、まったりのんびり俯瞰観戦。ピッチは少し遠いけど高さは申し分なく横視点俯瞰厨には結構悪くない住処。SS指定席のシーズンシートは3年目。誰とも会話せずスタジアムを去る試合が増えましたw

2016開幕、ホーム仙台戦スタメン

FW 伊藤翔
MF 学、天野純、兵藤
MF 三門、喜田
DF 下平、ファビオ、中澤、パンゾー
GK 飯倉

SUB:哲也、勇蔵、俺の金井貢史、中町、前田直輝、仲川輝人、富樫敬真

俊輔はインフルエンザで病欠

ホーム仙台戦のチェックポイント

・ミドルサードより前での能動的な守備
・ハメ所と連動性のある攻撃のための守備
・ショートカウンタの頻度と実効性
・狩場はやはりサイドか
・遅攻時の天野純の働き
・ボランチ2枚から縦パスが付けられるか

アデは去りラフィは離脱、ロングカウンタの前提は乏しい。ターゲット型、純ストライカ型のFW獲得も未だ成らず前線の軸、タメを作る存在を欠き「最後の仕上げ」をする精度や強さが不足。それは今は受け入れよう。であればこそ攻撃の「最初の質」を高め、ショートカウンタの頻度と実効性を求めたい

つまり自陣深くから運ぶ手間やリスク、引いた相手を崩し奪いきる「個の決定力」に過度に依存しない、より相手ゴール近くで偶発的でなく能動的に「ショートカウンターを発動させるための」連動性あるプレスからのボール奪取を。フルタイムでなくとも、チームとしてその瞬間や時間帯を作りたい

ある程度、その下地はエリク横浜1年目で築けている。開幕戦の相手、仙台はいろんな意味てオーソドックスでありスタイル的に普通であり、チームの現在地を測る意味では願ったりの相手。さすがに昨季のアウェイ仙台戦みたいなイケイケのバカ試合にはならないと思います

フィールドプレイヤたちがアップ開始。開幕戦から、喜田拓也とファビオの新チャントが御披露目になる模様

アウェイ仙台ゴール裏。屋根下の奥に引っ込まないのは好感。それやるチーム多いけど、日産スタジアム1Fの屋根下は自分たちの場所だけで上下に反響してるだけでピッチに音が届かないんだよね

開幕戦の注目・期待選手はトップ下で先発の天野純。うーん個人的には「サイドから中に(隙間に)入ってくる」方が、今は生きると思うけどね。常にブロック内にいる強さはないし視野確保難しいし、サイドの守備は昨季すごく伸びたけど、真ん中で「捌く、限定する」守備はまだまだだし

まあでも本人が「真ん中でやりたい」意思もあるみたいだし、よりシャドウストライカ的な、天野純なりのトップ下像を体現できるなら――そのイメージは自分の中に掴めているのかな?

今日はとにかく結果が欲しいね。ゴールか、流れの中からの決勝アシスト

「自分にとってトップ下はシャドウストライカのイメージだし、あまり下がらず俊さんとは違った面を見せたい。何もできなければ次は俊さんが帰ってくる。緊張すると思うけど、自分にとっては正念場。24歳になって緊張とか言ってられないし危機感しかない。気負わずに結果を求めてプレイしたい」天野純

アウェイ仙台のスタメン。ジェフ千葉から移籍の大岩一貴は、右SBでスタメンかw

ベガルタ仙台のサポータも、暗転前からサイリウムをスタンバってくださってるw

キックオフ15分前のホーム自由席。それなりに埋まったんじゃないかしら? 2万3000くらいはいったんじゃないかしらん

開幕戦から暗転きたー!

今季もマリノスさんのスタメン紹介映像のクオリティはリーグ最高峰やで!

※昨季の開幕戦みたいな不備はございませんでした

さあ2016シーズン、エリク横浜2年目の開幕!

下馬評や先の不安はさて置いてスタジアムでは目の前の試合、目の前の1プレイを楽しもう

互いにバタバタしない、カチッとした落ち着きある入り。天野純はボールサイドの守備頑張るなあ。掛かり気味?

15分経過。地味だけどカチッとしてて質の高い好ゲーム。互いにズバ抜けた個のプレイがないから地味だけど

前半18分、失点。最後に外されたのはファビオだけど、その前の喜田のプレイが軽かったなあ。対応が軽いというより、踏ん張り利かない軽さ。まだまだやねえ

前半の半分、23分が経過しましたがマリノスは未だシュート無し。チャンス構築そのものが、10分以降ほとんど出来ていません

さっきの中澤さんのパスはかなりエロい

うーん縦パス入れる役はボランチ2枚でなくDFラインになってる。で思い切りよく出して引っ掛かるのはファビオだけ、と…。やっぱ遅攻は厳しいなあー

学が攻撃てほとんど仕事をしない、周りも特に使おうとしないのは意図的なものかな? 今はその時じゃない、と

ラスト1/3でチャレンジのパスを出せる選手がいない。勇気とアイデアが足りない。となると、やっぱショートカウンタしかないと思うんだけど、あんまハメられてない

学も少しずつあったまってきたみたいだし、まあ0ー1で後半迎えられたらオッケーかな

メンバそのままで、兵藤をボランチに三門をトップ下に、天野純を右サイドに時計周り回転させればもう少し捗ると思うんだけど。三門くらいしかハーフウェイより前でスイッチ入れられる選手がいない。天野純は真ん中にいても誰もパスを付ける人いねーし

前半終了、横浜0ー1仙台。シュート3:4(枠内2:1、エリア内2:2)決定機0:1。ボール保持はややマリノス優勢も、チャンス構築の質と量「ボール持ってからの迷いのなさ」で仙台。実効性ともなうゲーム支配は仙台。マリノスはラスト1/3「誰が何やる」のとこで、結局人任せ。ほぼ何もない

天野純をトップ下で使う意味がよく分からない。間あいだに顔出しても、その隙間に瞬間的なタイミングでパスが付けられる選手なんていないし。三門トップ下は、エリクもうやんないのかな? 三門本人はボランチでやりたいみたいだけど、大事なのは「どこで」より「何をするか」じゃないのかな

天野純が「シャドウストライカ的に」と思っても、それは1トップがガンガン裏抜け狙い相手DFを引っ張ってバイタルに穴あけてくれないとだけと伊藤翔さんにソレ期待するのはねえ?

で、結局前にいてもボールこないから俊さんみたく「引いて捌いて」そして伊藤翔が前線で孤立する、と…

後半は、スタートから学がギア上げてゴリゴリ仕掛けてくれると思うよ! このままの「安パイなパス交換」だと兵藤もいても意味ないから、前田直輝を入れて両サイドからガシガシ仕掛けよう! あとは富樫敬真か仲川輝人を入れて2トップにしてウラ抜け要員も増やす

伊藤翔1トップはキツいって…

さあ後半! まだまだ1点差だよ! とにかくラスト1/3で、人任せでなく果敢なチャレンジを

後半から、足下でなくスペースへのパスとウラ抜けランニングが増えて、縦に勢い出てるね

学からの素晴らしいスルーパス、それを外に膨らみシュートアングルを狭めるか伊藤翔

兵藤が足下でなく、後半はウラ裏で受けようとしてるのはとても良い修正。前半から気付いてやって欲しかったけど、これで天野純が呼吸するスペースが生まれるかな

学もパンゾーも、あんま判断がよくなかった

富樫敬真と仲川輝人がイン。アウトは兵藤と天野純。ああ、やっぱり想像通りの2枚

そもそもエリクがどんなイメージで天野純をトップ下起用したのか、とは思うけど

右サイドに仲川輝人。富樫敬真と伊藤翔の2トップ。シンプルにウラ抜けランニング増やし、縦に、スペースへ。妥当な選手交代とシステム変更

斜めにエリア侵入できるようにはなったけど…。責任回避。人任せ。何も起こらない

後半33分、三門アウトで中町会長イン

試合終了、横浜0ー1仙台。トータル決定機1:2。ホーム仙台戦らしい塩味。唯一の決定機は後半AT、CKに中澤ヘッド。前半19分に先制許し「攻めざる得ない」残り70分、流れの中で決定機を作れず。懸念のラスト1/3駒不足感は払拭できず

天野純のトップ下起用にチームとしてどんなイメージがあったのか、残念ながらゲームからは見えず。足下コンビネーション、悪くない時間帯は開始序盤の僅か。徐々に「足下繋ぐだけ」になり、誰もラスト1/3でチャレンジせず。エリア近辺の縦パス、突破、ウラ抜けランニング…人任せで、安パイなパス

aoi_mari.png蒼井真理


――長い長いオフに、昨季のチームの振り返りや選手評、今季展望、あるいは退任された嘉悦朗前社長の仕事について書き記そうと思考と下書きを重ねるも、満足いくアウトプット完成形に至らず2016開幕当日。

とりあえず備忘録的に「どう読み解くか」は読み手に投げっぱなし、その断片を連投する

横浜F・マリノス2005?2014財務データ


横浜F・マリノス 広告料収入と営業収益における割合の変化


日産自動車の営業利益1998?2014


横浜F・マリノス リーグ平均観客動員数とリーグ平均値2000?2015


横浜F・マリノス チーム人件費コスパ 2005?2014
浦和、広島との比較


横浜F・マリノス チーム人件費の推移2005?2014
浦和、広島との比較グラフ

 
2013・2014シーズンのJ1チーム人件費と勝点の相関図
(単位は百万円)

 





Powered by Movable Type 5.02

このアーカイブについて

このページには、2016年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年2月です。

次のアーカイブは2016年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。