2015年4月アーカイブ

aoi_mari.png蒼井真理

マリノスのスタメンはエルゴラの予想通り。右SBは比嘉さん。パンゾーが累積ツモった時点で「ああ次は右SBに三門で、ボランチはファビオを戻すか中町か富澤かな」といった大方の予想を簡単に覆すエリク。そこにシビれる憧れる

なぜナ杯でも相当アレなパフォーマンスだった比嘉さんを、このタイミングで右SB起用なのか? 普通じゃないぜエリク。その決断力に至る思考をトレースしてみたい

推測その1.比嘉さんを起用したかったのでなく「とにかく三門をボランチから動かしたくなかった」今の三門雄大は輝いている。地味ながら素晴らしい貢献度と献身性。「エリク横浜の象徴」と言っても過言ではない。その三門のポジションを変えるのは「比嘉さんの右SB起用よりリスクが高い」

推測その2.エリクの比嘉さんに対する評価が私たちの想像を遥かに超えて高い。比嘉さんは「ボールホルダとの距離を臆する事なく詰める」度胸とセンスは、確かにちょっと並み外れる。「球際の迫力と勇気」を重視するエリクの趣味に、比嘉さんのプレイスタイルが意外なほど合致した可能性も微レ存

推測その3.エンド変更がなければ、前半マリノスベンチの目の前で自陣を中心にアップダウンするのは右SB。俊輔は前半、慣れない退屈なベンチ暮らし。俊さんがモチベーション落とさず前半45分を過ごすのに、何が必要か……実に策士だな、エリク・モンバエルツ!

でもマジメな話、比嘉さんは守備者として「ボールホルダとの距離を臆する事なく詰める」度胸とセンス、勇気と「ちょっと日本人DFらしくない」距離感(懐に飛び込む、まあスコーンと外される事もありますが)は、なかなか異質で真似できない業ですよ。そこは本当、エリクの趣味に合うのかも

普通の日本人DFの距離感、指導者の1対1の教えは「飛び込むな!」なんです。飛び込んでスコーンとかわされるリスクをとにかく嫌い、「相手の懐に入り、スキあれば突っつき奪う」チャレンジが凄く少ない。比嘉さんは、結構それをやっちゃうDFです。まあスコーンとかわされる事も(以下略

広島のスタメンもエルゴラの予想通り。さて今回の対戦のキモは「シャドウ2人の機能性、打開力」かな。あと1トップは結局また佐藤寿人が不動になったのね。皆川佑介はどうしたのかしら

ホーム広島戦の注目ポイント

・比嘉さんのボールホルダとの距離感
・フォローでワチャワチャする中澤と兵藤
・エリク横浜の象徴、三門と喜田のボランチ
・2人の「カウンタの起点となるボール奪取」
・学とアデミウソン、連続ゴールへの期待
・「俺はラフィの前座じゃない」伊藤翔の意地

ゴール裏から繰り返される三門チャントに、何度も手を上げ頭を下げて応えるストレッチ中の三門雄大。それを指さしイジる兵藤ら周りの選手たちw 微笑ましい

コールを忘れたんじゃない。俺たちの秘密兵器だからヒミツにしただけだ!

アウェイ広島のゴール裏。平日前の19:00キックオフの割には、遠方アウェイに沢山来ていただいたほうではないでしょうか? 最終の新幹線には間に合うのかしらん

---

「俺はラフィの前座じゃない」

伊藤翔の意地が、前半4分に早くも炸裂! 左サイドで学⇒アデミウソン⇒伊藤翔、流れるようなワンタッチのコンビネーション・プレイ!

---

前半終了、横浜1ー1広島。シュート3:6(枠内2:2)決定機2:3。電光石火の10分までと、互いにミス多く退屈で眠たい凡庸極まりない残り35分。「ミスが増え縦へのチャレンジが減る」前節の湘南みたい。序盤に縦のスイッチ入れていたのは学。ミスで流れ悪くするはボランチの2人。難しい

ラフィーニャ待ちとなるのか、自分たちでチャレンジして再び「ゲームを動かし」チャンスを作るか。さて後半

---

広島の遅攻に対し奪い所が作れない⇒DFラインがズルズル下がる⇒奪う位置が自陣深く⇒間延びして距離感悪い(コンパクトでない)⇒縦パスが繋がりにくい⇒ロストする⇒広島のターン

アホみたいにずっとこの繰り返し

「間延び、距離感がよくない」とにかくコレを改善しないと。浦和戦の反省が何も生かされておりません。奪い所をどこに設定するのか。行くとこは行く。引くとこは引く。メリハリ

広島もアホちゃうから今のこのマリノスの強みが「三門と喜田がミドルサードで球際激しく奪って縦に速くシンプル速攻の起点」なのは分かってるから、そこでロストするようなビルドはやらんですよ。とにかく外、外一辺倒。主に比嘉さんの右サイド

コンパクトな距離感を保たないと、三門と喜田を起点としてアデミウソンがスパイシーな魅力を放つカウンタは発動いたしません。

後半20分、比嘉さんに代えて俊輔を投入

右SBは三門、ではなく「存在の耐えられない軽さ」兵藤慎剛。うーん、兵藤も今日は繋ぎでミス多いネー

後半22分、自陣深くでの広島セットプレイから失点し逆転を許す。マリノスはまだ後半、シュート無し

いちおうオリジナルポジションはトップ下だけど、遅攻時の俊輔は喜田や三門と入れ替わりボール受けて捌く起点役。かなりピルロなレジスタ色の強い役柄、かな

アデミウソンと俊輔の初共演。2人の距離感やプレイビジョンの共有に注目してみよう

アデミウソンがハーフウェイまで引いて受けて起点役になる際は、シュートは前線に残ります。最低限の約束事はあるみたい

うーん。奪い所を作れないままだと、どうにも厳しいなあ。広島はノーリスクでサイドに開く、マリノスをタテに間延びさせるの繰り返しでOKな訳で

間延びしてるから、カウンタも単発で厚みがでないし、本当に最高ギリギリの精度でないと成立しない。…ラスト10分で、ラフィーニャがスタンバイ。たぶん予定通りの限定起用

コレね。見ての通り、縦の距離感が遠すぎて一発のロングパスによるカウンタ狙いだけど、そんなのなかなか通るもんやないですよ

---

試合終了、横浜1ー2広島。スコア展開が示す以上の完敗。スカウティング、相手の強み消す対策、ゲームプランの部分で8割がた勝負あり。それを修正する采配、戦術的変更もなし。ラスト5分「個々のクオリティで何とかシナサーイ」には僅かな可能性

主たる敗因は、後半の途中にtweetした通り

広島の遅攻に対し奪い所が作れない⇒DFラインがズルズル下がる⇒奪う位置が自陣深く⇒間延びして距離感悪い(コンパクトでない)⇒縦パスが繋がりにくい⇒ロストする⇒広島のターン

広島もアホちゃうから今のこのマリノスの強みが「三門と喜田がミドルサードで球際激しく奪って縦に速くシンプル速攻の起点」なのは分かってるから『そこでロストするようなビルドはやらない』ですよ。とにかく外、外一辺倒。主に比嘉さんの右サイド。中を使うのは、縦横に間延びさせてから

その「今のマリノスの強みを消す広島の明確なゲームプラン」に対し、まるで無策で修正できず。トータル決定機は2:5。後半のマリノスは枠内シュート無し。シュートらしいシュートが、ほぼゼロ。スコアはともかく敗戦は妥当な結果

ちょっと工夫が無さ過ぎたし、浦和戦の反省(奪い所が作れずズルズル下がるだけ)が何も生かされなかった、試合中の修正もなかったのは大いなる失望。無理くり光明を探すとしたら、最後の5分間の「タレントの共演、その中の即興」ラフィのターゲットとしての秀逸さの再確認、か

いやまあ広島も、質の高いゲームプランだったとは思わんけどね。「今のマリノスの強みを出させない」が主たる目的で「サイドに開いて、さあどうする」は『柏ガンバレ』だったし。まあでも、負ける可能性は低い現実的なプランでした

エリクは「樋口さんができなかった事ができる」けど「樋口さんにできた事ができない」んだよなあ。おもしれえなあ監督交代。…とサーマー先輩と試合の感想を語りあって日産スタジアムを後にする。メシ食って帰るべ

樋口さんの「対ミシャ戦術ver.3.0」は凄い機能性と勝率だったなあ。でもあの「ボランチがバイタル捨てて相手ボランチに食いつく」のは、エリクの哲学ではぜーったいにNGなんだよね。もともとの「失った瞬間、一歩前へ」からして真逆なんだが。おもしれえなあ
itaruru.pngいた

湘南戦。
快勝、日産スタジアム今季初勝利、待ち望んだアデミウソンと齋藤学の今季初得点、中村俊輔・ラフィーニャ今季リーグ初出場、久々の完封と、言うことなし!良いゲームが出来てよかった!

何度見ても美しい3つのゴール、痺れました。
特に先制点となるアデミウソンのゴールは、今年横浜が取り組んでいるサイド寄せが功を奏した形、意図を理解したスペースメイク&ユーズ、出来すぎってぐらいの美しいパスワーク、パーフェクトです。

下平がGKからのフィードをカットしたところからスタート、三門が中央からタッチライン際でパスを引き出して、すぐに同じタッチライン際から顔を出したまなへ、まなは内に切れ込む動き方でパスを受けてドリブルで打開、この過程で大槻・高山・菊地の3枚を置き去り。ここが第一段階。

まなが打開した事で遠藤はまなのドリブルを意識しスペースケア、中央アデは楔を受けようとポジションを落とす、これでA・バイアを引っ張りだす、これにより空いたスペースに兵藤がダイアゴナルランで入り込み、まなはここに楔。兵藤さんのランで三竿が引っ張りだされペナアークに大きなスペース。

最終的に一度落ちたアデミウソンが兵藤のヒールでのスイッチパスをダイレクトで打ち込む(GKから逃げる軌道!)遠藤がすごいスピードでカバーに入るも間に合わず(これはまなのピン止め効果)これでゴールとなったけど、アデミウソンだけじゃなく、翔さんもこのスペースを捉えてフリーで走りこんでる

サイド寄せは局面を打開する、前進する以上に、相手の最終ラインにズレを生む仕掛け。本来埋めたり、カバーすべき選手を寄せることで大きなズレを作り出す。柏戦の翔さんのゴールもそうだけど、選手達が意図を理解して着実に形になりつつある。チームとして崩せた素晴らしいゴールでした。美しかった!

アデちゃん初ゴールおめでとう!決めたアウトサイドでのシュートにしても、浮かせてダイレクトで打ち込む!みたいなイメージも痺れた。まだ少しのズレがあって周囲の選手と合わないシーンもあるけど兵藤とのヒールスイッチからのフィニッシュが2つあったりと間違いなく合ってきてる。これから楽しみ!

守備はチームとして答えを持って入れた。ライン高く、コンパクトな陣形を保ち、プレッシャーを掛けて制限しつつ楔を狙うこと、特徴的なアウトサイドの二重のオーバーラップをサイドハーフとサイドバックでケアすること、嵌らなかった時間帯もあったけど、両方がうまく出来たことで相手の手を抑えた。

策はもちろん、それを表現する選手達のパフォーマンスも素晴らしかった。佑二さんの集中力抜群の楔対応とタイトなマーキング、三門さん・喜田くんの抜群の危機察知、高速オリジナルポジション戻り、広いカバー範囲、激しいアプローチ、まなと兵藤さんの献身性、下平・パン様の絞ってのディフェンス…

湘南相手に切り替えで劣らず、ズレを作らなかったことは、横浜の選手が真摯にゲームに取り組んでくれた何よりの証拠。湘南のパフォーマンスが低調だったことは差し引いても、その価値は落ちない。こういうパフォーマンスが見たかった。

で、らふぃにゃんと俊様がリーグ戦でも復帰。
らふぃにゃんに関しては問題なさそう。ショートカウンターで抜群のスピードを見せて決定機に絡み、富澤さんのゴールをお膳立てして1アシスト。スペースを感じ取る嗅覚を持ってる選手だし、自らもやりきれる。後はコンビネーションのすり合わせ次第。

俊様はエリクのアデちゃんに対してのコメントと俊様のコメントが現状を示しているのかな、と。

「今日のゲームは非常に高い強度でした。まだ中村選手はその高い強度を何度も繰り返す、そのリズムには十分ではありません。まだ100%ではないので、彼には時間が必要だと思っています。まだ高い強度で90分はプレーできませんので、もう少し辛抱強くコンディションを戻していくことが必要です」

「DFラインと中盤のライン、その間でプレーできる選手は非常に少ないのですけれども、彼はそこでプレーするクオリティーを持っていると思います。そこでボールを受けて、そこでプレーをスピードアップさせていく。彼は、それができる選手です。」

エリクのトップ下へのオーダーとして低い位置に落ちてポゼッションに絡むMF然したプレーより、アタッカーとしてバイタルで攻撃に絡む、スピードアップさせる。名古屋戦のパフォーマンスを見ても、現状の俊様のコンディションやプレーイメージでは充分ではないということ。

俊様自身も今の「速い」テンポチームの中でいかに自らがプレーするかというのを模索している段階。対戦相手によっての違いは出るにしても、求められている要素は大きくは変わらないはず。コンディションを上げ、自らで答えを見つけ、結果を出せるか。聡明な俊様がどのような答えを見出すのか楽しみ。

で、勇蔵さん。
本来であればナビスコでおやすみして、この試合に合わせてきたはず。しかし、ポジションは用意されずベンチを温める。単純に対戦相手の違いもあるとは思うのだけど、エリクの中でファビオの評価が高いってことでもある。勇蔵さんにとっては危機感は高まる出来事のはず。

両SBとGKを除けば、各ポジションの競争は凄く激しくなってる。勇蔵さんや俊様がベンチというのはありえなかったし、逆にコンセプトに殉じ汗をかき、激しく戦い、更には結果を出してポジションを確固たるものにしようとしてる三門さんや喜田くんが信頼を勝ち取っていることもそう。

だからこそ、今がチャンスと捉え、求められる要素を咀嚼して表現し、自らのクオリティで+αをもたらせるか。日々の練習から、だね。

ともあれ快勝やったー!まな初ゴールやったー!喜田くんサンキュー!兵藤さんのヒールスイッチとダイアゴナルランさいこー!ばんざーい!次は広島戦!良い準備できますように。パン様出場停止かぁ。
aoi_mari.png蒼井真理

スタメンに栗原勇蔵の名前はなく、CBは中澤とファビオ。水曜の名古屋戦に帯同しなかった勇蔵はベンチスタートで、フル出場から中2日のファビオがスタメン。これは「聖域なき改革」の始まりか、湘南のスタイルもき単なるオプションの1つなのか。実に興味深い。エリク始まったな

湘南のスタイル、強みは何より「人数を掛けた勢いあるカウンタ」であり、一本調子の速攻でなく「後ろからどんどんボールを追い越し」複数の選択肢を確保し「速攻の中でギアチェンジ」や変化をつけられるのがミソ。相手に「下がりながらの守備」を強いて、一瞬の穴を突く

そしてマリノスのCB中澤と勇蔵が、最も脆いのがこの「下がりながらの守備連携」であり、特に変化をつけられると「お前ら何年コンビ組んでんの」って言いたくなるくらい、人とゾーンの受け渡しや見る・捨てるの判断が脆弱。諸々マリノスらしい、象徴ではあるが

2年前のリーグ戦では、あんま連携速攻でやられた印象はなく「マリノス戦だけなぜそんな頑張るキリノ」にやられた感が強いが。しかしエリクが湘南のスタイルと強みを研究し、中澤と勇蔵コンビの脆弱性を把握しているならば「勇蔵ベンチ、ファビオ先発」は、あっておかしくない選択

個人的には、今季と最近の勇蔵のパフォーマンスが低調であるとか衰えが目に付くとは感じない。しかし2年後を考えると、どうやってもファビオはスタメンで使い続けないといけない。彼に最も足りないのは「より質の高い経験」だから。素材としては疑いない。逆に、使わないのは将来への「罪」だ

ボランチは喜田と三門のセット。喜田はリーグ戦でボランチ先発はおそらく初。今のエリク横浜を「象徴する」2人。目指すスタイルの体現者。今日も2人のボール奪取、特に「湘南がカウンタのスイッチを入れた」とこで、ビビらず喜田や三門が食いつき、逆にカウンタの起点とできるかがキモ

湘南戦の注目ポイント

・チームの守備アプローチ、奪いどころ設定
・伊藤翔とアデミウソンの限定、追い込み
・喜田と三門ボランチのボール奪取機能性
・2列目3人のボール保持時の絡み(毎回だな…)
・左で攻める際の、学とファビオの使うエリア
・俊輔、ラフィの起用法

伊藤翔とアデミウソンは、守備は頑張るけどあんま賢くないです。前で限定して守備の方向付けしたり後ろをラクにするの下手クソです。でもここがちゃんとしないと、喜田と三門の「個の奪取力」頼みになります。それはよろしくない。ちゃんとトレーニングされているか、成長があるか。大事なポイント

先に書いた通り、理想なのは「湘南が(良い形でボールを持って)カウンタのスイッチを入れた(全体のベクトルが相手ゴール方向になった)タイミングで」ビビってズルズル下がるのでなく、相手の侵攻ルートを読んで制限し、奪い、逆にカウンタの起点とする事

これを喜田や三門のソロプレイでなく、チーム全体でできたら素晴らしい

できたら素晴らしいけど、たぶん出来ないw だからつぎに注目するのは、喜田と三門ボランチの2人セットでの機能性と奪取力。湘南は、鳥栖みたいな長いハイボール蹴り込んでこぼれ球狙いじゃないから。だからファビオをボランチから外し、地上戦。ミドルサードの攻防。トランジション勝負

・2列目3人のボール保持時の絡み

試合を重ねる毎に希薄になるアデミウソンの存在感と実効性。1人でゴリゴリ打開するタイプではなく、補完関係が命。しかし前線には、なかなかその改善傾向が見えない。軸がない。あるいは伊藤翔、今は伊藤翔さん2季目の覚醒に期待するべきか

とにかく前線に「軸」が必要。アデミウソンは、たぶんそのタイプではない残念ながら。凄く残念だけど、彼はネジだったりスパイスだったり、そういうタイプ。凄く極上の希少価値ある高価なネジやスパイスだけど。軸になるタイプではない

このまま「軸」を見いだせず、前線がフラフラしっぱなしならば、目下は喜田パイセンのトップ下で「ハイプレス! トランジション! インテンシティ!」なスタイルしか。…俊輔が軸? うーんそれはたぶんエリクの趣味じゃない。俊輔が劇的に変化しない限り

矢島卓郎がベンチ外。まあエリクのターゲットは、ゴールデンウィークだから(震え声 矢島さんの稼働限界は「1か月で5分+AT」なのかもしれんな。…比嘉さん? ベンチで俊さんが退屈しないための話し相手とかそんな失礼な事を言っちゃダメだよ

あとは湘南が、FWセザルやシャドウに山田直輝が入った事による、昨季までとの違いも見れたらいいな。昨季の湘南はけっこうスタジアムで観戦したから

アンドリューはこの湘南戦で、ベンチ入りすらできなかったか

湘南戦、まもなくキックオフ! ともかくピッチでおこる現象を楽しもう

----

双方、なかなかに「前から」の意欲と強度が高めな序盤5分過ぎまで。でも持ち込まれたら、ブロック守備の形成は速く堅固

全般9分、左サイド寄りの学からクサビの縦パス。バイタルに入り込みエリア手前で浮いた兵藤がポスト、エリア外ながら不良でアデミウソンがゴール左スミに低い弾道で突き刺す。アデミウソン初ゴール! マリノスは1stシュートで先制

やっぱりね、今のマリノスで前線でハブ役になって起点作るのは兵藤慎剛なんですよ奥さん! 俺はまだ浦和戦でスタメン外れたの納得してねえよ

先制点の前、8分の左サイド学ドリドリ⇒下平匠にスイッチ、ダイレクトで並行クロスも良い形だった。今日は15分まで、悪くない攻撃の形が作れている

トライングル+1、少ないタッチのパス交換。「エリク横浜のスタイル」色が出ている、前半18分まで

立ち上がり10分に満たない数プレイを見ても「ファビオをCB起用するなら、相方は勇蔵でなく中澤でしかあり得ない」と思えるシーンが、好守にいくつかある

実に面白い。ピッチで体現されているのは、昨季までの両チームのスタイルや特徴からすれば、まるで「立ち位置が逆」だ。湘南は自陣からのビルドにミスパスが目立ち流れを掴めず、マリノスはうばって速いシンプルな攻めでリズムを得ている。実に興味深い

その「手数かけないシンプルな攻め」の中に、両SBが少なからず効果的に絡めているのも見逃せない現象

つまりスタートが早い。攻めのスイッチの共有

30分のアデミウソンのヘッドによる決定機、これも自陣から中澤の縦パス起点、ハブ役て受けたのは兵藤。そっから三門経由でサイド変えてクロス。とても良い攻めができている

素晴らしい前半の攻め。このスタイルに俊輔の融合する余地があるのか疑わしいほどに素晴らしい可能性を感じる

今日の前半の中澤佑二は、地味に素晴らしく凄みあるプレイをいくつも攻守に見せている

前半の湘南は「できそこないのミシャ系」みたいな進化しとるなあ。遅攻も、自陣からボール握る攻めも、な。4ー1ー5ぽく変形したり。強みが消えて、繋ぎの拙さ脆さが前に出てしまっている印象

----

前半終了、横浜1ー0湘南。シュート4:4(枠内3:1)決定機3:0。CK&FK5:4。ボール保持は互角か、やや湘南も「ゲーム支配」は完全にマリノス。湘南は握る進化意欲が完全裏目。マリノスは前半の前半、シンプルな速攻からチャンス量産。アデミウソンに待望の初ゴール

今のエリク横浜には「リアクション」な要素も小さくないので、「先制して」「湘南が攻守にチグハグ」だと、マリノスもあんまインテンシティや実効性の高いプレイが出ない。でグダグダでゲームの質が低下するきらいはある。前半の終盤から

「勝点」の事だけを考えれば、このまま更にゲームをグダグダにして特に何の盛り上がりもなく終わらせるのが最上。ラフィーニャは入れていいよね。特に何のマイナスもない。問題は俊輔の起用法

----

ラフィーニャがスタンバイ完了

交代は伊藤翔。ついにアデミウソンとラフィーニャの共演! これは楽しみだあ

ラフィーニャは間違いなく伊藤翔よりも「軸」になれるFW。なればアデミウソンの「ネジ」「スパイス」としての秀逸さは、より引き立つハズ

今の兵藤の落としを見たかね奥さん! あのポジショニングといい…たまらんね

兵藤⇒富澤。富澤と喜田のボランチ、SHは右に三門、左に学。前はアデミウソンとラフィーニャの2トップ。4ー4ー2としてサイドの守備に厚みと責任感を

33分のカウンタ、あの流れに下平匠がペナに入っていけてるのが今のチームのポイント

奪った瞬間のスイッチの共有。大事

35分、カウンタからアデミウソン⇒ラフィ⇒アデミウソン。2人で決定機が作れた事は素晴らしい

後半36分、アデミウソン⇒俊輔。やはりリードが1点のみというリスクを考えると、交代はアデミウソンになる。3人の共演はお預け。さてどう試合をクローズするか

決定的な2点目は、喜田拓也のインターセプトから! 齋藤学の今季初ゴール!

90%喜田パイセンのゴールと言っても過言ではないかもしれない。むしろ喜田のゴール

itaruru.pngいた


柏戦。
まず、素晴らしいパフォーマンスをしてくれた選手達に感謝。よく勝ち切ってくれました。走行距離を見るまでもなく非常に負荷が高く、刻一刻と変わるタスクを遂行した選手達には頭が上がりません。拍手。

注目が集まった喜田くんのトップ下起用、意図としては柏がアンカーを軸にポゼッションしてくる事を鑑みて、アグレッシブかつ強度の強いアプローチが出来る彼をぶつけたということなのかなと。

ここ数試合は4-4のブロックを組んで相手の攻撃を受け止める静的な守備を実践して失点を減らしてきた訳で、前から奪いに行くプランを採った事には多少驚き。
ただ、高い位置でのプレッシングには昨シーズン以前から取り組んできてるから違和感もなく、チームとしてもきっちりと意思統一して臨めた。

喜田くんがファーストプレスを掛けて圧力を掛け、余裕を奪った中で兵藤・まな・三門が連動して狙う。漏れたらファビオ、総じて前傾姿勢。
しっかりとミドルゾーンで網に掛けて狙いを絞れたことでプレスは機能したし、そこからショートカウンターへ移行という形が複数作れた。

ただ、内容に準ずる結果を導けず、逆にカウンターから失点。この日ボールフィーリングが悪かったアデミウソンのパスのズレが起点、それがファビオの攻撃参加を導き出すもので自らフィルタを取り払うリスキーなもの。かつ、勇蔵さんがレアンドロの動きを読み間違えて後手。ミスが重なれば失点する。

(このシーン、ファビオ行くべきだったのかなぁという疑問。三門さんも喜田くんも高い位置、そこで更にアンカーが…、うん。
他にも判断ポイントはあると思うけど、概ねパフォーマンスは悪くなかったと思うので、あの時間帯でフィルタ役を外すのは別の理由もあっても然るべきかな、と)

ビハインドを受けて前に厚み、ということでファビオ→翔さんで2トップに。ただ、この交代策でプレスを掛けるトリガとなっていた喜田くんを一列下げる事になり、大谷が自由になってビルドアップを制御できなくなった。両幅を広く取り、距離を広げられて走らされてたし、かなり苦しい時間帯。

ただ、そのリスクテイクが結果として生きたのはエリクが持ってた。
不安のあったパン様→中町さんで三門さんを右サイドバックにスライド。その三門さんがいいオーバーラップからダイレクトでのクロス、翔さんがギャップでヘッド、ねじ込んだ!ハマってない時間で点が生まれるんだからサッカーは面白い

で、翔さんの同点弾。
非常にクオリティの高いプレーが「チーム」として作れたのかな、と。
相手の陣形を寄せ、スペースを開ける。その事前準備が最終的に大きなズレを生み、クオリティを引き上げる時間と空間を作った。

起点となったのはまなが左サイドでロングボールを曲芸的にマイボールにした所から。下平を経由して喜田に渡ると左サイドへ斜めのドリブル。これでインサイドハーフ・太田を左サイドに寄せ、既にまな-下平の対応で左に寄せられた武富と共に二人のインサイドハーフを片方のサイドに寄せた。

これにより、まなが中央切れこんで兵藤にパスを付けるタイミングで兵藤を見る選手がいなくなった。
慌ててクリスティアーノ戻って兵藤を捕まえようとするも後手。かつ、本来見なきゃいけない三門のオーバーラップを見る人間がいない。
結果、三門さんはいい状態で上がってクロスをあげるに至った、と

その後の展開は御存知の通り、オープンな展開となり、互いに攻め合う中で再度の三門さんダイレクトクロスから流れの中でゴール前に入っていた下平匠のスライディングシュートで逆転!このクロスに至る過程もミスが絡んだにしても綺麗に崩せた形(まな、よく見えてたね)劇的。

最後は富澤さん入れて3ボランチでクロージング。これもよかった、ブロック組んでバイタル中央完全封鎖。勇蔵さんが無駄なファールで台無しになりそうになったけど、てっちゃんに助けられたね。何かお礼をしないとw

正直な所、意図やプランとは別にゲームが動いた感が強く、最後だけ帳尻合わせられた感もあるけど、走って動いて強度の高いプレーを続けたからこそ。頭も使って、身体も使って、凄く負荷は高かったと思うけど、パフォーマンス落とすことなく頑張ってくれた選手達には感謝、です。

戦術的柔軟性というのかな、相手、スタイル、時間帯、スコアなど、複数の引き出しを用意し、適合するやり方を用いる。当たり前のことなんだけど、このゲームに関しては3つのシチュエーションに置いて各選手がしっかりと理解して各々のタスクを遂行してくれたのかな、と。

その代表格が喜田くん、63分まではトップ下でプレッシングの急先鋒としてハードに走り、63〜86分まではボランチとしてミドルゾーンでバランスを意識しつつ攻守に絡む。86分からは3ボランチとして富澤さんと距離保ちつつバイタル監視。
複数の仕事を即座に理解してハードにやってくれました

また、次は趣の違う仙台が相手で、出方は異なるだろうし、チョイスされるメンバーも変わってくるのかな、という気はしてる。この試合チャンスがなかった淳吾であったり、優平くんにもお鉢が回ってくるかも?
ともあれ、2008年以来の日立台での勝利は痺れました。やったね!よかった!
aoi_mari.png蒼井真理

トップ下で先発の喜田は、おそらくは柏4ー1ー4ー1のアンカーに食い付き「清水戦の前半がウンコ過ぎたけど今は遅攻の質を求めるには限界あるし、今節はまず守備から主体性を見せてショートカウンタに繋げて行こうぜ」の象徴的な役割を果たすべく期待されての抜擢であろう

今季リーグ開幕の日に連投した喜田拓也の選手評をコピペするよ

MF28喜田拓也:樋口体制の3シーズン
ユース3年時、2種登録でナ杯2試合に出場。トップ昇格1年目は公式戦出場ゼロ。麻生の練習試合でCBとして出場しパトリック(現G大阪)を完封。3年目の昨季、リーグ初出場を果たす。3年間の筋トレで上半身はムキムキになり、体重も増加

MF28喜田拓也:プレイスタイル
攻撃面よりも、ボールを奪い取る守備に良さがあるボランチ。「加入2年目、2009年頃の小椋祥平」に近いイメージか。169cmと小柄だが、体格差のある相手にもガツガツ激しく行く球際のプレイが特徴

MF28喜田拓也:長所
球際の激しさだけでなく、ゲーム展開を読んで急所を抑える知性、センスを有する。スペース管理能力もあるが、強みは「瞬間、そこを捨ててでもボールに食らい付く」度胸の良さ。ビルドアップ&フィニッシュ関与にも意欲的に取り組む姿勢を見せる

MF28喜田拓也:短所と課題
「球際の激しさ」がウリだが、ファウルを取られ、得意とする「ボールを奪い、即座にカウンタに繋げる」プレイとならない事も多い。より効果的な奪取、審判への見せ方を考える必要もある。奪ってから最初のパス精度、アタッキングサードでの落ち着きも課題

MF28喜田拓也:パーソナリティ
プライマリ(小学生)時代から、天性のキャプテンシを有す。サッカーを職業とする事に、地に足ついた考えのある、ユース上がりに珍しい鋼のメンタルの持ち主。メディアへの受け答えも実にしっかりしており、安心して娘を嫁に出せるタイプ

「この1年間で一番成長した所は声を出せるようになった所。キャプテンを任されてから皆をまとめようと意識していたので、試合中は誰よりも声を出す事を気をつけていました」喜田拓也 プライマリ全国優勝(小学6年時の)コメント

MF28喜田拓也:今季への期待
稀有なメンタル・タフネス、キャプテンシの持ち主で「ユース出身選手としての誇りと責任」も持つ。だが、どんなに人格的に素晴らしく発言が立派でもピッチに立たなければプロでは無意味。レギュラを掴んでほしい。マリノスの、クラブの価値を高めてくれる選手

喜田拓也には「プライマリ(小学生)からマリノスで育ち、マリノスの育成組織の代表として今トップに所属している自負や責任感」がある。それは誰にでもあるものでも、他者が与えられるものでもない特別なもの。喜田がトップでレギュラを獲得し、長く主力として活躍する事には大きな意味と価値がある

トップだけでなく育成組織も含めた「マリノスのアイデンティティや歴史、マリノスのトップチームでプレイする意味や誇り」を誰より強く語れる、あるいは語らずとも実証できる存在と成りうる資質を、喜田拓也は既に有している。喜田がレギュラを張る事で、マリノスのクラブとしての価値が高まる

次のユースを筆頭とする育成組織に所属する選手たちに、そしてそこからトップに昇格してくる選手たちに「レギュラとして活躍する喜田拓也」は強い影響力を持ち、トップでプレイする重みや誇りを伝えるだろう。その価値は計り知れない。だから私は、喜田拓也にレギュラを獲得してほしいと強く願う

■2015柏ボール支配率
1節:神戸戦 54.5%
2節:仙台戦 70.5%
3節:新潟戦 59.0%

仙台戦の70%超はスゴいな。吉田達磨監督の志向と嗜好は育成チームの一貫&徹底したスタイルから理解しているつもり。ボールを大事に丁寧に動かしギャップを生み出し崩す

キープレイヤはアンカー。アヤックスやバルサで言う4番。開幕から3節まで務めたMF8茨田陽生が新潟戦の退場で出場停止。ここまではインサイドハーフだったMF7大谷秀和がアンカーに。ネルシーニョ時代を思えば、むしろこちらがしっくりくる。より攻守に「リスク冒さず安定」な感

せっかくだから茨田陽生がアンカーに入った達磨レイソルを観たかった。喜田拓也としても、大谷より茨田の方が「食い付き甲斐」あったはず。いずれは「4番」のポジションにはMF17秋野央樹が入るはずだが、リーグ戦では今日が初のベンチ入り。これは少し意外

懸念材料があるとすれば、アデミウソンを1トップとしトップ下に遅攻では貢献できそうない喜田を入れた中で、逆に柏が「ボールを握らせてきた」ら、ビルドの途中で引っかかりまくりで労せずカウンタの起点を提供するのでは…… まあ「柏がポゼッション放棄」とかねーか

今日は喜田拓也の「小椋祥平もびっくりな相手陣内でのボール狩り」起点のショートカウンタからアデミウソンのマリノス初ゴールで朝まで呑めるな! 柏駅に着いてどんどん冷え込んできてるけど頑張ろう

キックオフ25分前、夜の日立台に到着。ピッチでは両チーム選手たちがアップ中。メイン上段SS指定席5100円。無駄に高いが、俯瞰厨としてはまだ高さが不足。日立台はピッチが近い、箱の狭さだけが魅力

日立台のスタンド一番の魅力は、ゴール裏とエンドラインの圧倒的な近さ。よほどの「横視点・俯瞰厨」でない限り、スシ詰めのゴール裏でバモバモしつつ菅野孝憲をイジり野次るのが正しい楽しみ方。今日はアウェイゴール裏、かなり密度高め

アウェイ柏戦の注目ポイント

・清水戦前半ウンコっ振りを受けての試合の入り
・守備ブロックの高さ、プレス開始位置
・柏の自陣からのビルドスキーム
・1トップ、アデミウソンは前線に張るのか
・喜田拓也の躍動する守備、ボール狩り
・学が左サイドからどんだけ効果的に中に絡むか

試合開始10分前、ピッチでは凄い勢いで散水中。柏は速いショートパスを走らせるスタイルだから。でもこういう施策が、どっちに転ぶか分からない試合のアヤになったりするもんです

----

キックオフ直後から、相手陣内で喜田を中心に激しく相手ボールホルダに寄せて食い付く。これまでのエリク横浜になかった光景。当然、連動し守備ブロックは高め。自陣守備、そこから奪って前にボール運ぶ作業にはアデミウソンも参加

驚愕のハイプレス。相手ペナルティエリア付近まで喜田が追い、追い込む。10分まではファビオがフィルタ役として抜群に機能

このプレス強度は「入り方」であって、さすがにコレを90分やり通すつもりではないと思うが

三門が自陣だけでなく、凄く高い位置でも効いている。ルーズボールへの予測反応早く、マイボール時はチャレンジブルなポジション

キックオフから完全なるマリノスペース、31分にファビオのカットから攻め上がり、アデミウソンとのパス交換リターンで意思のズレ。柏の速攻、3対3から最後はFW11レアンドロが勇蔵を外し冷静にゴール右スミに。ゲームプラン的には、ある程度仕方ないリスクと失点

これで柏は一層、カウンタ狙いの色を濃くするか。さてマリノスがどうするか

----

前半終了、横浜0ー1柏。シュート3:5(枠内1:3)決定機1:3。先制されるまでは奇襲的ゲームプランがハマり完全なマリノスペース。攻守に縦の意識シンプルに徹底、距離感と全員の集中力高くハイプレスで柏のミスを誘い、セカンド回収。失点は小さなミス起点と、リスクトライの産物

ボールロストした瞬間のファビオと三門のポジション。しかしそれは「高い位置で圧力かけて柏の良さを消す、奪いショートカウンタに繋げる」意欲的なリスクトライの結果。成果も生まれつつあった。ある程度、仕方ない。柏が強かで、レアンドロの冷静な決定力が見事だった

柏は「ロングボールを増やし、自陣でロストするリスクを減らし」つつ、適度にマリノスを自陣に呼び寄せるエサは撒いて「先制点と同じようなカウンタ狙い」が最も効率的で効果的だろうが、吉田達磨のレイソルはそうしない。ネルシーニョと違い自分たちのスタイルに拘る。そこに付け入る隙はある

なので基本、やり方を変える必要はない。しかし30分以降は、さすがにプレス強度や連動性も低下したし、喜田や三門の効果的な追い込みや奪取も見えなくなった。少し奪い所を絞るか、あるいはまた後半開始からハイプレスを体力保つまで続けるか

ゲームプランは理解できるがいささか拙速に過ぎる場面もある。左SB下平匠を、もう少し上手く活用したい。もう一手間、一工夫。崩しの精度を

惜しいチャンスはあれど、前半の決定機は8分のアデミウソンのシュート1つだけなのだから




Powered by Movable Type 5.02