2015年3月アーカイブ

FVrYsDzi.pngいた

鳥栖戦。
公式戦4試合目にして掴んだ今季初勝利。
壊れてしまった基盤を再度立て直し、攻撃にスピードとクオリティを付与できるキープレーヤーとの関係性を一歩ずつ積み上げ、相手の分析をきっちりと行った上で対策を施し、ようやく掴んだ初勝利。決して平坦ではなかったけれど着実に前進した成果。

東京戦から意思統一を初めて成果を出しつつある静的な4-4のゾーンブロック。コンパクトな距離感を保ってプレースペースを消し、バイタルへの侵入者に対して強烈に迎撃する形で成果が出つつある中で、三門の存在がそうさせたのか、よりボールサイドへのプレッシャーを強めた感あり。

その上で、この試合では鳥栖のストロングポイントでありターゲットである豊田に対して明確な策を携えていた感。
佑二さん・勇蔵さんに加え、ファビオがポジションに応じて点と面で挟みこむようなマーキング。時折ポイントこそ作られたシーンはあったものの、ほぼ存在を消すことに成功。

また鳥栖のもう一つの武器である速いカウンターに関しても、相手がスピードに乗って攻撃に移れるような失い方が少なく、ブロック形成がスムーズに、そして奪われた後の攻撃移行の一つ目で気迫あるコンタクトプレーで対抗したことの効果があって、怖いカウンターもある程度防ぐ事ができた。

その上での攻撃。
鳥栖の帰陣の早さもあって、狙いとするようなトップの推進力を使ったロングカウンターの回数こそ増やせず。ただ、アグレッシブにアプローチに来る鳥栖の守備ブロックに対し、細かくボール交換をしつつ、アデミウソンの超絶技術を経由して攻撃をテンポアップさせていく形を見出した感

周囲を活かす術が非常に多彩で、コンタクトスキル・球際をマイボールにする感性も兼ね備えるアデミウソンの存在が攻撃を成り立たせているのは間違いない。
彼が簡単にボールを失わないどころか相手を出し抜くプレーで攻撃にクオリティを付与してくれることで周囲の選手がより良い状態で仕事ができる。

その成果としての兵藤さんのゴール。中央寄せて、広げて、また寄せて、と首を振らせるような攻撃を形どってくれたのも又アデミウソン。まなへのサイドチェンジ、兵藤さんのポストに対してボックス近辺での狭いコースを通すというキープレー、鳥栖の「奪いどころ」で奪わせなかった技術の価値は大きい。

改めて、繰り返しになるけど、本当にうまい。そして、周囲がそれに気付き始め、意図が繋がり、統一性が出てきた。
彼を「使う」術をチームとして見出そうとしている方向性は間違いなく正しい。後は彼の才能が直接的にゴールを導き出す形が出来るといい。

ビルドアップに関しても、外で細かく早いテンポでボールを動かし、顔を出してくれるアデミウソンに付ける形が見えてきた。
ぶっちゃけ対応策練られそうではあるけど、佑二さんや三門さんが意欲的にチャレンジセレクトをしてたし、少しずつ少しずつ。

ゲームを握っても突き放せないと最後の最後にピンチが来るんだから不思議なもの。
宏太のクロスのアイデアと精度は抜群、豊田のファーに逃げて「佑二さん避けた」入り方もパーフェクトに近かった。まな&翔さんの決定機逸は置いておいて、てっちゃんのスーパーセーブに救われた。本当にありがとう。

発展途上のチームにとってできることをやりきってようやく掴みとった勝ち点3。今はこれを喜びたいし、これを「続けたいね」
次はナビスコ、初戦負けてるだけに予選突破のためにも、そして成功体験を積み重ねる意味でも無駄にしたくないね。
ともあれ、よかった!

しかし、エリクは細かくスカウティングして指示してるんだなぁ。林のパントに対しての邪魔、ロングスローのポジショニングとマーキング、当たり前のことではあるけどディティールまで拘る監督、好感持てました。エリクぼんじゅーる!初勝利おめでとうありがとう!

違う、ぼんじゅーるじゃなくてめるしーだ…めるしーめるしー…覚えよう。

やっべ、試合見てたらまた興奮して寝れない流れ…しまった…w
エリクポケット手を突っ込むインタビューダンディw

aoi_mari.png蒼井真理

2015シーズン初の三ツ沢開催。キックオフ30分前にスタジアム着。自由席とSB席は完売のはずも、かなりの人出、天気いいからな

アップ中の選手を鼓舞するビッグフラッグ。今日こそ今季初勝利、エリク横浜に初勝利を!

マリノスのスタメンは、ボランチなファビオと三門雄大。2列目に兵藤、アデミウソン、藤本淳吾。1トップ齋藤学。中町と富澤は揃ってベンチ行き、負傷から復帰した喜田も加えSUBはボランチ天国。…天国?

鳥栖はCB36菊地直哉がメンバから外れ(怪我?)開幕2戦ボランチでスタメンの谷口博之がCBにスライド、ボランチには28高橋義希。右SHは磐田から加入した9ペクソンドンがレギュラに定着、8水沼宏太は試合終盤の活性材料に

マリノスの現在のチーム状況、チームの個々の課題はこの3戦で明確になった。今日のチェックポイントは

・学とアデミウソンの絡み、関係性
・どちらがより高い位置で前線の起点となるか
・三門とファビオりのボランチコンビ
・約束事の中で、如何に果敢に奪いに行くか

学の1トップ起用も、おそらくラフィーニャ復帰までの期間限定。その中で何か新しい発見、可能性を見いだせるか? ボックス幅で、間あいだで前を向いて仕掛けるプレイを、どれだけ頻度高く出せるか

三門雄大とファビオのボランチコンビは今日の最注目ポイント。今のチームに「自陣からの手数かけた丁寧なビルド」は期待できない。彼ら2人が如何に「守備の約束事の範疇で、より高い位置でカウンタに繋がる果敢なボール奪取にトライし体現するか」が、マリノスのゲーム支配を左右する


単なる自陣引きこもりではダメだし、エリクの狙いもそこにはない。「不要なリスクは排除した上で、(ショートカウンタに繋がる)効果的で能動的なアプローチ」が、特にボランチ2人には求められている。富澤と中町は外され、ファビオと三門が起用された。その意味は2人とも理解しているハズ

三ツ沢でのホーム鳥栖戦、選手入場時のビッグフラッグ

間もなくキックオフ。アグレッシブな中盤守備から、鋭いカウンタでエリク横浜初勝利を!

GKが西日を嫌ってか、コイントスに勝ったマリノスがエンド変更してキックオフ

----

鳥栖がボールを握る展開。むしろ好都合。谷口博之とキムミンヒョクのCBコンビは、特に被カウンタ対応のターン、旋回能力やアジリティとボディシェイプに難がある。カウンタから、マリノスタウンとアデミウソンが如何に巧みにウラを取れるか

アデミウソンと兵藤の使いたいエリアが被っていて、少しアデミウソンがイラついてる印象。鳥栖のブロックセンターがガチムチなので、かなり左サイドに流れているのは、さてゲームプラン通りか。学の言う通り「ゼロトップ」になっとる

前半の塩展開は想定済み。とにかく今のマリノスは、鳥栖に対し先制点を与えてはお話しにならない

もっと露骨にボール保持を捨てて、鳥栖に握らせ引き出してのカウンタ狙いでもいいのに

はいはいイラつかないイラつかない。良い位置でのFKを何本も「与えてくれてる」んだから、ちゃんと生かさないと。流れの中からせめ手ないんだし

アデミウソンが上手くファウルをもらい谷口博之に警告。これで後半は、学とアデミウソンがボックス幅でどんどん仕掛けられる。布石は打った

下平匠の見切りの早さww

あとは学のゲーム体力、最後のキレが大事なゲーム終盤までキープできるかだな。前半は半分死んだフリでも良かったんだけど

45分、鳥栖がこの試合初シュート。ミドルレンジからの可能性ないもの

----

前半終了、横浜0ー0鳥栖。シュート5:1(枠内2:0)決定機1:0。CK&FK9:1。ボール保持はやや横浜。塩漬けな45分も想定内。マリノスは「自陣からのビルドスキーム」「前線のターゲット」を著しく欠く現状で、ゲームプランに従い戦えている。鳥栖にシュートらしいシュートを許さず

欲を言えば、全体の守備ブロックをジワリと押し上げファビオと三門雄大はハーフウェイ付近でカウンタに繋がる果敢なボール奪取を! あとは CK&FK9:1、これをもっと有効活用しないとダメ。シュートに繋がったのは3本。もっと精度と工夫を、単調に過ぎる


アデミウソンがかなり谷口博之のハードコンタクトを嫌がり、左サイドに流れる時間帯多く、なおさらボックス幅で縦パスを引き出す存在が不足。まあコレはラフィーニャが復帰するまで諦めるか…。しかしメンタル、パーソナリティ的に言って少し「不安、不満要素」になるかも

ファビオはボールを足下に置くとダメ。シンプルなプレイを。少しでも迷ったら、絶対にダメなプレイしかでてこないw まあこれも経験を重ねれば…良くなる…といいな

勇蔵は前半、地味に質の高いプレイ、良い働きをしている。相手が豊田陽平だからかな、やっぱりw

さあ今日はとにかく無失点で、したたかな勝利を! 今はエンタテイメント性は求めないよ

aoi_mari.png蒼井真理

「90分の起用は難しい」その中でエリク監督はアデミウソンを先発させるか、ベンチに置くか? なんとなく前者であると想像する。開幕戦を観る限り、采配だけでなく試合に臨む動機付けやゲームプラン「言葉の選択」含めた戦術指揮官としてのセンス、資質は感じられない

開幕戦に大敗し、今日のガス戦でアデミウソンをベンチに置く精神的な余裕があるなら、それはかなり興味深い。が、TBS的にはスタメンで使ってほしいだろうなw

川崎との開幕戦、試合後の監督会見からは「なんであんな意思統一できないザル守備だったのか」エリク監督の本来の意図が「もっと高い位置で奪いきる」か「自陣ブロック」そのどちらだったのか、今ひとつ明瞭でなかった。ガス戦に臨むコメントからすると「後者寄り」であったのかな、と

「川崎戦で最大の問題は守備の効率性を欠いた事。もっとコンパクトにしてスペースを消さないと。ボールホルダへの寄せも甘かった。もっと出来ると期待していたので残念。特に守備に関しては非常に不本意。まず守備を改善しないといけない。今週はそのためのトレーニングから入った」エリク監督

残留が至上命題、予算規模10億未満のクラブならいざしらず、およそJ1で「ボールの奪い所」の設定がないーーつまり「ベタ引きで完全に相手のミス待ち」なチームなど無い。完全なるハイプレス志向も、ただ待ち構えるだけのブロック守備も無い。問題は方向性とバランス。肝心なのはイメージ共有

エリク監督の守備構築における志向性は、まだ明瞭でない。問題は選手たちがどう捉えているかだ。少なくとも開幕戦後の選手コメントからは「個々の(守備に対する)捉え方がバラバラで、あんな内容と結果になった」という事は伝わった。これはエリクの意識付けが上手くいってなかったという事だ

おそらくエリク監督はベンゲルやトルシェからの「日本の選手はディシプリン(規律)に優れるがイニシアティブ(自主性)を欠く」というアドバイスの真意を十分に理解していなかった。 守備戦術理解力や、試合中の修正能力も含む「イニシアティブ」特にマリノスは、伝統的にそれを著しく欠く

ザックリしたイメージを与え「あとはその中で君たちのやりやすいよう、自分たちの責任や特徴を発揮しなさい」では、マリノスの選手たちは動けないのだ。もう悲しい程に。川崎戦も、修正能力のなさは本当に情けなかった。「ルールを下さい、そしたら一生懸命やります」それがマリノスの気質

そのあたりにエリクは「残念で、非常に不本意」と感じたのだろうが、その本質を見極め理解するには日々のトレーニングや練習試合だけでは十分でなかった。その意味では、川崎戦は授業料は高くついたが、良い教訓となったはず。これから徐々に、エリクのマリノスに対する理解も深まるだろう

1st第2節ガス戦のスタメンは、開幕戦から富澤と奈良輪が外れてボランチはファビオと中町。2トップは学と……アデミウソン! まあ余程の策士タイプでない限りスタメンで使うわな。得点力の問題だけでなく、攻守においてチームの「核」がなく「型」が不明瞭。アデミウソンが入る事で、改善を期待

・ガス戦の注目ポイント

・守備の統一したイメージ、約束事を選手たちのプレイから感じられるか。その方向性は
・奪い所、奪い方と、攻撃のスタート地点
・自陣ビルドの起点はファビオになるのか?
・アデミウソン+学+藤本淳吾

水曜日の紅白戦と今日のスタメンを見て、最大の不安は「ファビオを遅攻の起点とする」事。伸びシロはあるが、現状「上手い」選手ではない。中澤や勇蔵よりマシなレベル。圧力が掛からなければ無難にこなす(あるいは起点として貢献する)可能性もあるが、狙い撃ちされピンチの起点になるかも

仮に今日のガスは、自陣ブロック守備スタイルで無難にやり過ごすかもしれないが、樋口前監督より「自陣で奪って、自陣から繋いで組み立てる」志向性が強いならば、中澤+勇蔵+ファビオでは数試合で遅攻の限界を露呈すると思うのだが…

・アデミウソン+学+藤本淳吾 への期待。

紅白戦では、自陣からの手数と人数をかけない速攻が中心ながら、短時間でシンプルな意志疎通を構築できていたように感じられた。また藤本淳吾もアデミウソンと距離感近く、ラストパスを供給。互いの第一印象(プレイビジョン共有)は良好か

学もアデミウソンもFWとしてはセカンドトップ型だが、互いに「出し手、受け手」を務め補完し合えば(特にカウンタにおいて)悪くないコンビになるかも。「2トップか、4ー2ー3ー1のトップ下か」という議論は無価値。この組み合わせなら、横並びか縦関係か、それだけの違い

俊輔が入った4ー2ー3ー1は、明らかに2トップとは異なる。トップ下の俊輔が、しばしばボランチの位置まで落ちてビルドの起点となるため、1トップは孤立しがち。それでも昨季ラフィがスタメン時は、俊輔も「ほぼほぼ2トップ」でラフィと距離感近く、サポートした

本来、4ー2ー3ー1のトップ下は「ほぼほぼ2トップ」「1トップと縦関係の2トップ」に近い距離感でなければ、1トップが「DF背負って収めて、ターンして仕掛け、点も取れる」スーパーなFWでなければ成立しない。今後の問題は「俊輔の居場所」になるが、それは少し先の話

藤本淳吾に期待している。アデミウソンの加入で、前線の構成は大きく変化した。「俊輔との共存、あるいは代役」という呪縛から開放される契機となりそう。開幕戦のガツガツ感あるプレイから、今季に賭ける思いも伝わった。そう感じられない人もいるようだが、私見では悪くないプレイ振りだった

走行距離とスプリント数はチーム2位、Football LABのCBP(シュートへの実質貢献度)は、チームでダントツ1位。何より、攻→守の切り替えの速さや、自陣からのロングフィードに競り合いハンド気味でも学に落とし決定機に繋げるなど「昨季なかったガツガツ感」は、確かにあった

前述のアデミウソンとの「第一印象、プレイビジョン共有」は特にFWとパサー、あるいは新外国籍選手との関係性において見過ごせない大事な要素。また引き合いに出して申し訳ないが、藤田祥史とマルキーニョス、俊輔の関係性といったら、それはもう…

開幕戦の藤本淳吾が良く見えた、あるいは今季への期待は「昨季の藤本淳吾へのガッカリ感」「まだ特性、プレイの幅を見極められていない」その裏返しとも言えるし、今は「ハードルが低い」のも確か。でもアデミウソンと藤本淳吾の関係性には、凄く期待感がある

第一印象を、更に強固な信頼関係にするためにも。今日は是非とも「藤本淳吾のアシストからアデミウソンのゴール」に期待したい。もちろん、そこに学も絡んでいかなければならないし、兵藤も加わり4人の関係が構築できれば理想的。でも今日はまず、2人、3人の形から。少しずつ

味スタはバクスタアッパー上段、前売り3100円。横視点俯瞰厨としては、まずまずの視野とコストパフォーマンス。日産スタジアムよりピッチ近いし。今日は守備の意識統一、距離感に注目してみます https://pic.twitter.com/XdyzItXV4Q

しかし高橋秀人がベンチで、練習試合でお馴染み出戻り梶山陽平がアンカーを務めるようになるとは…。ああでも梶山、まだ29歳(今季9月に30歳)か

----

試合の入りは、2トップでも「ほぼほぼ2トップ」でもなく、結構露骨に学の1トップ。2列目に左から、兵藤、アデミウソン、藤本淳吾。守備ブロックの観点からのオリジナルポジションか

相手ボールになった瞬間のプライオリティは「バイタル圧縮」中盤とDFラインの間のスペースを消す事。さすがに、かなり徹底されており無駄に食い付くことはしない

バイタルは圧縮し強固なブロック形成も、ベタ引きではなく、ラインの上げ下げはかなり細かく実践。中盤は中を切って、サイドに追いやる限定の仕方。ボールを奪うと、人数を掛ける。両SBの押し上げ早く、位置取りも高い

ガスも自陣ブロック形成タイプなので、ファビオは自陣ではノープレッシャで受ける事ができている。結構意識的に、集めて起点としている感。今日は(少なくともリードするまでは)問題の露呈はないかな

下平匠のスタートがとにかく速い。守→攻の切り替え。同サイドハーフに兵藤がいるのは心強い。遅攻では、下平匠の能力を生かしきりたい

マリノスの奪い所は「自陣のペナ角外」かその少し前辺り。まずブロック形成して、外にボール運ばせて、中の密度は保ったまま、中へのドリブルとパスコースを切りつつ(主に同サイドのボランチが)距離を詰めてプレッシャを掛ける…と。今のところ破綻なし。しかし手堅いサッカーだなw

途中からほぼ完全な2トップに。つーか単純に、アデミウソンが中盤まで下がって守備参加できなくなってるw 互いのリスクを嫌う受動的な守備スタイルからも、何も起こりそうにない前半。こんな試合を地上波中継していいのかw ゲームの質、エンタメ性はかなーり低めで退屈な試合

----

前半終了、横浜0ー0ガス。シュート4:2(枠内2:0)決定機1:1。退屈で質とエンタメ性の低い45+2分も、マリノスとしては最大課題の「守備の意思統一」は修正され手応えと収穫ある内容。ガスの枠内シュートはゼロ、唯一の決定機は自陣でのパンゾーの凡ミス起点。組織的な不備はなし

守備の約束事はゲーム中にtweetした通り。完全なる受け身ではなく「内側(自陣ゴールへの延長線)をしっかり切って背後にスペースを空けなければ」中央やハーフウェイ付近であっても、ボールに寄せて奪いに行っても良い。ここは徹底されており、ファビオや中町は、そこそこ特徴を出せている

問題は「2トップに良い形でボールが入らない」そのメソッドが未構築なこと。サイド起点、特に左SB下平が絡む型はそこそこ出来てるけど、中にターゲットないから、そこから苦しい。学がボックスで、アデミウソンはペナアーク待ち。たぶんそっからのワンツー狙い。やっぱ関西にセカンドトップ

あとこれは完全な結果論だけど、策士タイプの監督なら「前半は何も起こらない塩展開」を予想して、90分のプレイは難しいアデミウソンをベンチに温存し後半勝負としたかもね。守備も頑張ったせいで、30分を待たずに運動量が激減。試合中の短いインターバルで回復できるタイプかどうか…

まあエリクに「策士、戦術指揮官」の資質は期待してないからいいや。監督の仕事の3〜5%だしね。ソレ視点で樋口さんを批判してた皆さんには残念でした。そっち方面では、たぶん同タイプの監督さんです

後半ゼロゼロが続けば、特に75分以降はオープンな展開も期待できる。アデミウソンが走れなくて前残りでも、何かひとつ大きな仕事をしてくれれば! 

----

あの下平匠のパスを見ました? 奥さん!

権田もげろ

アデミウソンはとっくに活動限界点を超えている。もうラスト1/3での変化つけるワンタッチパスにしか存在価値はない。しかしベンチには決定的なFWがいない。ちくしょう、なんで俺たちの矢島卓郎は今日もベンチ外なんだ!

なぜ三門w このワクワク感のなさは何だ

今日ばっかりは、アデミウソン⇒和田昌士でいいんじゃねーの

2トップを経由しなくても、左SB下平匠が高い位置で受けられるのは悪くないが、中で合わせるストライカタイプ不在のため、ほぼほぼ手詰まり。2トップに入れるメソッドが不足、入っても2人の技術精度が不足(疲労の影響も大)

三門のカットからの縦パスは極上。しかし悲しいかな、アデミウソンは完全に活動限界点を超えている

たぶんエリク監督も動けないタイプw 樋口さんと同類

伊藤翔さんか…

いや、伊藤翔はすごく頑張る良い選手だけどね

84分、アデミウソン⇒伊藤翔。引っ張ったなあ。すごく…樋口さんに近いです

権田やらかせ

下平匠が輝いている。しかし欲を言えば、兵藤への縦パスの後に内側に入っていてほしかった。そしたら兵藤に選択肢が残され、決定機になったかも

aoi_mari.png蒼井真理

――昨日の川崎との開幕戦、映像で最初の失点シーンを振り返ったら、次から次へと気になるディテールがでてきて静止画でソレを説明しようとしたら24枚になったw

昼間からキチガイ連投するから、迷惑な人はフォロー外したりブロックしたりしてね?

■2015 1stステージ第1節 横浜1-3川崎
 前半3分 エウシーニョのゴールシーンを振り返る
 (アシスト:小林悠)

[01]1:44 川崎3バック中央、3角田誠からの遅攻。横浜は4-4-2ブロック。淳吾と学が、遅攻のキーマン14中村憲剛と16大島僚太のボランチ2人を見る形だが、より14中村憲剛への注意が高い
 1.jpg

[02]1:46 16大島僚太が少し引いて、3角田誠からパスを引き出す。14中村憲剛に意識が向いていた学は、既にやや後手の対応 
2.jpg

[03]1:47 16大島僚太が眼前に大きなスペースのある状態で、前を向いてボールを持ち出す。まだハーフウェイを越えてないが、横浜にとって、あまり良くない展開ではある
3.jpg

[04]1:49 ドリブルで運ぶ選択肢もあったが、16大島僚太は左WB20車屋紳太郎へのパスを選択。彼のマーク担当は右SHで先発した奈良輪。ちなみに筑波大の先輩後輩
4.jpg

[05]1:50 奈良輪は無難に20車屋紳太郎の縦のドリブルコースを切る。16大島僚太はパス&ゴーで、間あいだで受けるポジションを取っている
5.jpg

[06]1:52 20車屋紳太郎は16大島僚太にはパスを付けず、3角田誠にバックパス。「やり直し」ではあるが、実はこれも地味に局面を前進させる布石になる
6.jpg
aoi_mari.png蒼井真理

2015リーグ開幕、ホーム日産スタジアムでの川崎戦。今季もメインスタンド2FのSS指定席から、まったりと観戦。風は冷たいですが、キックオフ50分前のホーム自由席はなかなかの出足となっています。4万いくかしら?

マリノスの開幕スタメンは、エルゴラ予想通り。齋藤学1トップ、右SHにレナト対策で奈良輪雄太を抜擢。相手にボールを握らせ、自陣に引き込んでのロングカウンタ狙いか 

マッチデイプログラムでエリク監督曰わく「この試合での課題は、攻撃において狭いところを突くのではなく、より広い空いたスペースを突き、スピードを生かして相手を崩して行くこと」それ故の学1トップ起用、SHに長いアップダウンを繰り返すことのできる奈良輪の抜擢か

川崎のスタメンも、エルゴラ予想通りかな。森谷賢太郎はベンチにも入らず。注目は右WBに入るエウシーニョ。マリノスの左SB下平匠は兵藤のサポートを受けて、今日は専守防衛か 

マリノス注目は、齋藤学の1トップ。ロングカウンタ狙いは分かるが、ボールを握る遅攻時にどういうボールの引き出し方ができるか? 今季は体重を5kg減らし「凄く高い数値目標を設定している。まだ口に出して言わない。達成できたら言います」 

きっと「ゴール+アシスト=20以上」だな。学なら出来る。やってもらわないと困る。やり遂げて、チームにリーグタイトルをもたらして、欧州に行けばいい

開幕戦の注目ポイントは

・遅攻時のボールの運び方、相手陣内での起点の作り方。学のポジション取り、パスの引き出し方

川崎もそんなにハイプレス仕掛けるチームじゃないし、ボールを「握れてしまう」時間帯も、絶対あるはずなんだよね。そこで、チームとして準備やアイデアはあるのか?

さあホームでの2015シーズン開幕戦! どんなゲームを見せてくれるのか、とても楽しみ 

念のため確認しましたが、試合前のスタメン撮影に伊藤翔や比嘉さんの姿はありません。さあ、試合に集中しよう





Powered by Movable Type 5.02

このアーカイブについて

このページには、2015年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年2月です。

次のアーカイブは2015年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。