2013年8月アーカイブ

鹿島のセレーゾ曰く「非常にスペクタクルなサッカーのショーが見られたと思います」正に。スペクタル過多のエンタテインメント。アウェイ浦和戦では乱打戦をものにしたが…。今日の鹿島戦は、もっと大差の敗戦になってもおかしくない内容。大迫には少なくともあと2つ決定機があった

鹿島の遅攻はまるで怖くなかった。小笠原は衰え、柴崎岳は未だ統率者足りえていない。マリノスをゴール前に押し込んでも両ボランチから効果的な配球は少ない。しかしカウンタには鋭さがあり、同数からの即興的なコンビネーションは巧かった

実際、鹿島がボールを握り、マリノスが一度全員自陣に戻りブロックを形成し迎撃する局面展開ではCBとボランチの距離感も狭くバイタル圧縮、まるで失点の危険性は感じられなかった。鹿島がまだ自陣、CBでボールを繋いでる際の守備の入り方にこそ大きな問題があった

特に両ボランチと両SBが何の裏付けもないまま高い位置取りから、蛮勇とも言えるアプローチ、50:50のトライを守備局面で繰り返した。クサビに対する両CBの対応も同じく。バイタル、両サイド裏が放置プレイ

大迫勇也&土居聖真が、中澤&勇蔵と2対2になるシーン、大迫と中澤が自陣エリア外で1対1になるシーンが前半からあまりに多過ぎた。これがエリア内なら、中澤の水際の強さが生きるがエリア外で後方にスペースがある状況下では、今の中澤では大迫のクイックネスに常に勝利する事は不可能だ

「ユースはあまり観たことがないのですが、どの選手に注目すればいいですか?」と問われたならば、今日は迷わず右SB3福田圭佑の名を挙げよう

マリノス陣内、右サイドを探しても福田圭佑は見つからないかもしれない。福田圭佑から目を離すな。もし見失ったら、次の決定的なチャンスやピンチに目を移せ。そこに必ず、福田圭佑はいる

167cm/61kgと小柄だが、直感的な展開予測能力が極めて高く、攻守にわたりゲームの流れを左右する重要局面に顔を出す不動の右SB。必要とあれば自分の判断でポジションを捨て、中央や反対サイドにも進出しチャンスに絡みピンチを防ぐ「SBなのにリベロ」な自由人

ボールテクニックやクロス精度も高く、クイックネスやジャンプ力など瞬発系のフィジカル能力に優れる。卓越したボディバランスで、ユースレベルでは球際のフィジカルコンタクトでも脆弱さは感じさせない。タイミング良い攻撃参加から精度の高いアーリクロスが大きな武器

動物的な危機察知能力で自陣ゴールラインぎりぎりでボールを掻き出し決定機を阻止したり、相手のカウンタを自陣左サイドまでカバーしたかと思えば、インタセプトからそのまま中央をドリブルで持ち上がりスルーパスで決定機を演出する

ポジションの概念にとらわれず、自己の判断と責任においてピンチとチャンスの両局面でピッチのどこにでも顔を出す。幸田一亮(06)や金井貢史(07)の系譜を継ぐ、オールドタイプな正統派ではなくともSBマニアを唸らせる「フリーダム」なSB
今季、試合の度に何度も繰り返し「パンゾーが素晴らしい!」と言い続けてきました。今日はより具体的に、今季の小林祐三のどこが素晴らしいのか、昨季まで何が不満だったか、何が変わったと感じるか。他のテーマとも絡めつつ尋常でない量を連投します

小林祐三、27歳。静学から柏での7年間を経て、2011年にマリノスに移籍加入し3年目。1年目から右SBのレギュラに定着、その座をほぼ不動のものとして現在に至る。マリノスファンにとっては「金髪の右SB」だが、静学から柏の5年目、2008年まではCBの選手だった

過去2シーズンの小林祐三に対する私の印象は、マリノス在籍時の田中隼磨に近い。サイドをアップダウンする運動量とスピード、フィジカルコンタクトの強さ、1対1の粘り強さは何れも及第点以上。ミスを引きずらない、本番に強いメンタル。何より「アスリートとしての素地」に秀でた競技者

しかし一方でクロスの質には大きな問題があり、攻撃参加のタイミングにストレスを感じる事が多かった。守備では対人守備は堅実だが、逆サイドからのクロスやスローイン時のマークミス、集中力と展開予測の欠如が散見された。これらも全て、マリノス在籍時の田中隼磨との類似点

今季の小林祐三が素晴らしいと感じるのは、まず攻撃参加のタイミングと頻度、総合的な質の向上だ。4月の7節アウェイ新潟戦(0-1で敗戦)が出色の出来で、そこから甲府戦、鹿島戦とリーグで3試合続けてオーバーラップのタイミングにまるでストレスを感じなかった

――1年目の2011年は、序盤は4-4ブロックの堅守速攻の中で小林祐三のゾーンに穴を空けない堅実な対人守備と、タテ方向のスピード感は大きくマッチした。しかし次第にチームはポゼッションに移行する中で、次第にビルドアップへの貢献度の低さが浮き彫りになっていった

カウンタ主体、逆サイドとの「つるべの動き」を基本としたシンプルなアップダウンの繰り返しの中では粗は見えなかったが、両サイドを高く張り出す遅攻スタイルの中ではポジショニングやオーバーラップのタイミング、中央との絡みが巧みでなかった
【昨日の試合で思った事】応援する側が「敵」にならないようにしたいなぁと思ったり。
今のチームの構成であったり、強烈な暑さを鑑みて、ゲームのテンションや体力的負荷をコントロールしているのは明らか。それを理解せず「攻めろ攻めろ」と煽るのではなく、意図を把握してあげてほしいかな…

確かに前向きにボールを奪いカウンターに「行けそうな」タイミングのように見えるかも知れない。ただ、敵の守備の枚数が揃っている、攻め上がる人数が少ない、そんな時に無理をして前に急ぐのではなく、マイボールとし、ボールを動かして相手を走らせる選択は決してネガティブじゃない。

フォアチェックなどのプレッシングにしても、行けるところ、行かないところ、を計りつつやってる。確かに全ての所を前から行けたら相手を自陣ゴールに近づけず、またショートカウンターのチャンスも増える。ただ、これもまた体力的な問題も出てくる。

共に戦う、選手の事を後押しする、という意志があるのであれば、選手達がやろうとしている事、意図を理解し、自らのエゴを横に置いて、そのプレーに対して容認し、時には賞賛してあげてほしいな、と思う。攻めろ、点獲れ、確かにそれも正しいのかも知れない。でも、出来る事と出来ない事がある。

今後も暑い中で、選手達は連戦、相手も強くなる、体力的にも当然シビアなゲームは続くはず。その中で様々な要素をコントロールしつつ、「勝利への最善」を尽くす選手達を避難するようなことは出来れば避けて欲しいな。僕らが思う以上に選手達は凄く考えてやってくれてると思うから…

人がやってる事を非難したり、否定するのは好きじゃないのだけど、三ツ沢のスタンドで思った以上にそういう声が多かったので…ちょっとだけでも考えてみてもらえると嬉しいな。えらそうな事いって申し訳ない……
かないさまは相変わらずダイレクトで裁くのが凄くうまいし、リズムやテンポを作れる選手だなぁと思ったり。対応の仕方としても、相手の出方を見極めて身体を入れたりと対応の巧さを感じた。横浜からしてみたら捕まえづらく、リズムを切られる存在だったから下がってくれて助かったね。

彼みたいに凄く(良い意味で)「軽い」プレーをする選手ってのを嫌う人がいるのは分かる。それがミスにすると(悪い意味で)「軽い」プレーになってしまうから。ただ、その「軽い」プレーが軽妙さに繋がりテンポを生んだりリズムを生んで、他の選手にイイプレーをさせる。らしさが出てたね。

だからこそ、凄く交代が気になった。宏太を出したいってのもあったと思うのだけど、彼のプレーに対しての価値を認められてないんじゃないか、と思ったぐらい。前半のキム・ミヌとのポジション変更にしても、どういう意図があって実現度はどうだったのだろう?とか。外からじゃ分からないけれど、うん。

ともあれ、早く帰ってくるといいですよ。待ってる。横浜にとって必要な選手だし、対応力があって、センスがあって、しっかりと繋げる選手はきっと求められるはず。ポジション争いは不可避で、プライオリティががっちりしている中で食いこむのは簡単ではないけれど、ね。
ちゃんと次に進むために、昨夜の柏戦を振り返る。注目した柏の戦い方、ネルシーニョのゲームプランは5月に日立台で戦った時の「6人で守り4人で攻める」「自陣ブロック→カウンタ→サイドに開いてアーリクロス」から、より「攻守に前に人数をかけ厚みを出す」ものに

序盤から互いの中盤守備の要、マリノスは富澤・柏は7大谷秀和が、常に後方に余る訳ではなく機を見て攻守に前に出る。おおこれはガチ試合か、と思ったが試合を通して徐々に双方チャレンジより慎重なリスク管理にウェイト

柏はオーソドックスな4-4-2。長身クレオの周囲を9工藤壮人が衛星的に動きつつサイドに流れたり。左SHの18田中順也は少し遅れてライン裏に斜めに入ってくる動き。局面的にはクレオ1トップの2シャドウのようにも。レアンドロは右サイドでポツンと浮く形

増嶋と栗澤、ワグネルがベンチ→4鈴木大輔と20茨田陽生、18田中順也が左SHで、ネルシーニョは試合後の会見通り「もっと中・下で繋ぐ」意図だったのは間違いないが、90分通して起用した選手やゲームプランがハマったようには見えず。結局、かなり蹴っちゃったから

マリノスはピッチ中央でのロスト→レアンドロを使った高速カウンタを回避するために、徹底して(主に左、時々右)サイドに人を集めてコンビネーションでペナ角を崩す攻撃に偏重。積み上げの成果+学の積極性↑に因り、前半から質の高いチャンスメイクができていた




Powered by Movable Type 5.02