2013年4月アーカイブ

前半終了、横浜1ー0甲府。シュート4:1、決定機2:0。セットプレイから早々に先制(GK河田のミスかと)する理想的な展開も、以降はほぼ完全に甲府のペース。新潟戦と同じ、攻守に相手が先手。やりたいサッカーが
できてない。首位・優勝への思い・連敗阻止、そして先制点がチームを保守的に

マリノスは先制から早々に「我慢して
耐える」展開に。自陣に入ってきた相手ボールホルダに対し誰も食いつかない。序盤こそ、富澤が相手ボランチに噛みつくシーンもあったが…。CK0:6という数字が、主導権の所在を物語る

誰が悪い(コンディションや技術的に)という事でなく、チーム全体としてのマインドの問題。確かに単純に甲府の出来が素晴らしいし、マリノスは最近少し低調な部分はある。その中で「悪いなりに」強かに勝ちきる事も大事だが、シーズン前半8節の10分過ぎからそんなに受け身になっていいものか

「攻守にイニシアティブを取る」のが、今のチームのスタイル・コンセプトのはず。ますまずスタンドも埋まったホームゲーム、腰の引けたゲームは見たくない。もっと勇気を持ったトライを! パンゾーは今日も攻守にポジション良く、いい絡み方できてるよ
2点目を取れなかったこと、時計を進めることが出来なかったこと、クリアを横に蹴ってしまったこと、そして残り1プレーを守りきれなかったこと、様々な要因が相まって、勝ち点2がこぼれ落ちた。

どれか一つでもうまく出来ていれば、きっと勝ち点3は手中に留まり、「勝ててよかった」になっていたと思う。ただ、それが出来なかったから手に残ったのは勝ち点1でもやもやとした気持ちが残ってしまった。

とはいえ、嘆き、誰かの責任にしたとしても、勝ち点は戻ってこない。糧として、繰り返さない。それだけでいいのかな、と。サッカーだから、ね。色んな事が起こるし、思い通りにならないこともある。ミスのスポーツであり、悪いミスを極力なくし、良いミスをした方が勝つ。小さなディティールの話として
少しだけ川崎戦を振り返る――はずが完全に寝落ちして月曜の朝。しかしどうしても土曜の試合で書き残しておきたいプレイがある。後半21分の失点シーン、俊輔が警告を受けたあのハンドだ

かつての中村俊輔は、もう少し飄々とプレイする選手だった。顔に似合わず負けず嫌いな一面はあっても、少なくともリーグ序盤戦の15位を相手に1-0から追い付かれそうなシーンで退場・PKになるプレイを選択するような選手ではなかった

今季は「中村俊輔らしくない」プレイやピッチ外の言動が、昨季にも増して目に付く。一番分かり易いのが「相手選手後方からの警告も辞さないラフなタックル」の多さだ。リードした試合終盤、味方のプレスが少しでも緩むと必ずそのプレイは見られる

あのラフなタックルや長い距離を走ってのカバリングは、瞬間的な危機察知の表れ以上に、「怒鳴り散らして周囲の怠慢を叱り鼓舞する」ことが不得手なキャプテンが選んだ、周囲への無言のメッセージだと私は解釈している

何が俊輔をそこまでさせるのか? 昨年11月、Numberに掲載された『中村俊輔のサッカー覚書・連載第3回「Jリーグ復帰後の難しさと発見」』の中で、俊輔はこんなことを言っていた
「もちろん自分たちのスタイルは、相手よりボールを持つ、あるいはパスをつなぐ回数が多いわけですから、相手はそこをしっかり狙ってくる」風間八宏監督の試合後会見コメントに強烈な違和感

今日の、特に前半の川崎はボール持つこと放棄して自陣に4-4ブロック作って奪いにくるでもなくミス待ちのディレイ、ディレイで、奪ったらレナトに放り込む糞サッカーにしか見えなかったけど俺の目は腐ってるのかな
開幕5連勝!この響きだけで褒め称えるしかないですよね、素晴らしいです!サッカーするには難しいピッチコンディションの中で「戦う」「ピッチ状況を鑑みて、丁寧に、シンプルにプレーする」この2つの要素を揃えた横浜の選手達に感謝です。

試合開始時ですら、走る選手達の足元からは水しぶき、ボールも走らずグラウンダーのパスからは勢いが失われる。となると、ボールを受ける選手のイメージの手前でボールが止まる。そこで、しっかりと身体を寄せれた、相手の自由を奪えた、技術を発揮させなかった。

今日のピッチコンディションだったからこそ、横浜の積極的なボールを「狩る」守備が広島相手にも嵌ったのかな、と。技術とアイデア、そしてイメージ共有のレベルが非常に高い広島が良いピッチコンディションでやっていたら、いなされて崩されていたかも知れない。勝負事にたらればはないけれど、ね。
土曜のガス戦を振り返る。前半の序盤から、予想通りハイレベルなミドルサードの攻防。互いにフィニッシュに至らず、マリノスの1stシュートは32分俊輔のミドル。前半まともなシュートは39分富澤のミドルを加えた2本のみ

前線からDFラインまで複数パスの起点を有するガスのタテに早くテンポ良いパスワークに、マリノス自慢のプレスは狩場を設定できず。加えてルーズ&セカンドボールへの反応速度もややガスが上回り、中町が語る通り転がる先の運も前半はガスの流れ。その中で27分に先制を許す厳しい展開

前半は1トップ藤田へのパスとボールタッチ数も、先週のナ杯甲府戦から半減。単純にボールを握る時間が減った上、ガスの中盤のアプローチも早く、相手陣内でボールを前に運べない。先制後はガスのカウンタからの好機が増え、前半の決定機は0:3

HTに優平→端戸。少し意外な、樋口監督の早い動き。先制されるまではピッチ幅広く動きパスを呼ぶ動きをしていた優平だが、先制後はガスが引いて、ボールは持てるがブロックの中に入れられない展開の中で消えていた。端戸が入り中で受ける動きが増え、交代はプラスに働く






Powered by Movable Type 5.02