2013年3月アーカイブ

0-1→1-1→2-1→2-2→3-2!
支配され、先制され、追いつかれ、と今シーズンで最も苦しいゲームとなった東京戦。それでも最終的に勝ち点3を掴み取れたことにチームとしてタフになり、逞しくなっているのかな、と感じました。

試合のキーとなると思われた中盤の攻防、序盤に関しては東京のパスムーブのクオリティが横浜のアプローチを上回り、全く捕まえきれなかった。ダイレクトでどんどんボールを裁かれ、ファーストタッチでプレッシャーをいなされる。結果、引かされ、セカンドを支配されてしまった。

ダイレクトでボールを動かせる=技術の質+サポートの質。ピッチ的にボールが走り、パススピードが速くなる状態でもミスをせずにどんどん繋がれたと言う点を見ても東京のクオリティは素晴らしく高かった。その上で連動したアクションからのコンビネーションで崩しに掛かる。劣勢も納得の展開。

尚かつ、ボールロストの位置が低かったことでショートカウンターを浴びるシーンも多々。激しく追われ、サイドバックの前を蓋され、とパスルートがなかなか見いだせないことで定常に比べ低い位置でのロストが増えた。横浜が低い位置でロストするのは赤信号。

その中で、相性悪い李忠成に先制点献上。切れ込んだルーカスのヒールでアーリアにスイッチし、アーリア左サイド展開、走り込んだ太田がダイレクトクロス、勇蔵が頭で触るもこれが李に繋がってしまい、ボレーを沈められた。凄くハイレベルな攻撃+不運が重なった形とはいえ、我慢したい時間帯だったかな


田崎遼太郎の素晴らしさに気付いたのは、ほんの5日前の日曜日。Cピッチで行われた東山高との練習試合。歩道からの観戦で、右サイドハーフに入った彼を眼前で観ることができた。ピッチレベル視線で数メートルの距離だったからこそ、その素晴らしさに気付くことができた

田崎遼太郎の素晴らしさは何よりも、圧倒的なボディバランスの良さ。上体がほぼ常に姿勢よく起きていて、重心移動が素早くスムース。これはおそらく、天性のもの+幼少期の運動経験だろう

加速時やターン、相手選手との接触などで重心が動いた際のリカバリが、めちゃくちゃ早い。「次のプレイ」への切り替え・始動が早く、常に視野を高く広く取れ状況判断も早く正確になる。なので単純なスピードやスキル以上に、反応速度が早くドリブルで突破できる
リーグ戦に続き、ナビスコカップも川崎、甲府を破って連勝スタート。結果だけでなく内容も伴って、非常に安定したパフォーマンス。連戦でも運動量の低下や意志の減退もなく、好調を維持したままこの連戦を乗り切ることが出来た。

川崎戦・甲府戦共通して言えることは、高い位置でボールを沢山奪えたこと。抜群に切り替えが早く、アプローチスピードも抜群、そして激しく寄せきる。その 上で狙いも明確ファーストアプローチで精度を奪い、ぶれたポイントに二の矢、三の矢が少しずつタイミングをずらしつつアプローチしてパッキング。

中町のコメントにあったけど、横浜のボランチが相手のボランチにプレッシャーを掛けられる、ということが今のチームの最もコンセプトの表れる場面かも知れ ない。富澤の援護を受けて中町がポジションを上げ、相手の進路を阻みつつアプローチ。そこに兵藤・俊輔・学がタイミング良くパックに行く。

能動的にかつ連動性を持って、1つ1つ激しく素早くプレスを掛ける、その辺の質は文句なし。ファール気味に見える部分もあるけど、それだけ激しく寄せきっ て足を出してる。それをみんながやるから、ボールが奪える。もちろん中町だけではなく、時には佑二だって追い掛けていく。意志が浸透してる。

攻撃面に関して、シュート数は余り多くないけれど、プレーの頻度や質としては問題ないかな。横浜のバロメーターはビルドアップの段階でミスが出ないこと。相手の守備手法やプレスの強度や連動性との兼ね合いもあるけれど、この2戦で大きな破綻はなかった。
「今季タイトル獲得のためには、この2人のゴール数増が必要」と考えていた兵藤と中町のゴールで2ー0。川崎戦で課題に残った「ボールとゲームを支配する展開で、点を奪いきる」「セットプレイからのゴール」もきっちりクリア。藤田の1トップにも一定以上の目処。本当に順調過ぎるほど順調

確かに、強烈な手応えある相手ではなかったし、難しいゲームにはならなかった。甲府もマリノスと同じように選手の距離感やバランスを大事に、相手の良さを消すより自分たちのスタイルを押し出し戦ってきた

結果、マリノスの個の力や組織の完成度、反応速度が甲府を上回った事がダイレクトにゲーム展開やボール支配率に反映された。川崎戦に続き、あるいはそれ以上に余裕を持ってゲームを支配。シュートは前後半通じ10本に満たないながら、前半と後半に1得点ずつ。実に効率的に完勝を収めた


昨年の練習試合のとき、鋭いスルーパスやアイデア溢れるキープでプロ相手にも輝けることを証明。試合後即オファーに繋がった。


昨年秋の西が丘にて。東京学芸大戦かな?落とされたボールを正確にゴール隅に位抜くコントロールミドルを決めた。インパクトのうまさ、精度、威力、揃ってます、決定力、持ってます。
磐田戦、しっかり分析され、シビアに対応されるとこういう難しいゲームになる、という典型。ただ、耐えるべき時間帯に耐え、機を待ち、修正を加えた上で、機を捉えて、勝ち点3を得れた事は凄くポジティブ。勝ちつつ、課題を得てブラッシュアップ出来るというのは凄く良いサイクルだと思うから、ね

往々にして相手の分析は自分達の課題を明確に示してくれる。磐田のプランニングは、プレスの意識の高い横浜の意識を逆手に取り、速いタイミングでサイドバックの裏をダイヤゴナルに流れてポイントを作ること、そして5-3のブロックを圧縮し、パスコースとプレースペースを消すことにあったのかな、と

両方とも今の横浜が抱えている課題、サイドバックのポジショニングとスペースケアの問題、そしてより高いレベルでの攻撃構築。どちらも現状では…という点であるし、より高いレベルへ到達するために消化すべき課題。簡単ではないけれど、今後はこの課題と向き合っていくのかな、と。


試合終了、清水0-5横浜。ダメだ優勝してしまう。マルキが得点王になってしまう。学が海外に行ってしまう。俊輔がMVP取ってしまう。中町が本当にキングとして覚醒してしまう。いろいろ出来すぎて怖い!

清水戦の雑感羅列。まず試合の入り方で少し意外だったのは、マリノスが最初から結構前からプレスに行ったこと。富澤も何度か清水の最終ラインまで追い回した。これは開幕戦で受けに回ってしまった反省だったのかしら?

対する清水は最終ラインからのビルドアップが上手くいかず、序盤からマリノスが押し込む展開に。その流れから最初のCK。俊輔のキックはファーサイドの勇蔵ヘッドにドンピシャも、枠に弾かれる。マリノスがボールを握る中、2本目のCKから先制!

俊輔のキックは今度は中澤にピタリ。しかしその直前に清水の選手の頭を掠め、中澤ゴール→オウンゴール。試合後に俊輔のゴールに訂正されたのは、たぶん巻いた起動がゴール方向だったから、シュート扱いになった。ともあれ俊輔は今季2試合でセットプレイから2ゴール(どっちも狙いと違うけど)
相性であったり、パフォーマンスであったり、相対的な要素も絡んでスコアに反映される。だからこそこのスコアをそのまま捉える事が正しいかというと分からない。ただ、横浜が良いパフォーマンスを示し、清水が水準に満たないパフォーマンスだった。そんなゲーム。

まず、清水のこと。ピッチ上で選手達の戸惑いが手に取るように分かった。いかにしてボールを運ぶのか、いかにしてボールを奪うのか、相手の状況を鑑みつつどのように動くのか。具体的なイメージを共有出来ず、手探りでサッカーをしているのは明らか。昨シーズンとは又違う方向性に舵を切った感が強い。

外を切って厚い中に向かわせ奪う、外に起点を作りソリッドなウイングにファジーな中盤が絡んで崩す、狙いこそ見えても、選手達は現状消化出来ていない。まだ詰め切れていないから、選手達の動きは鈍く、反応も悪い。舵を切ったが故に起きたこと。現時点の清水は宿題が凄く沢山あるな、と感じた。

対照的に1年間紆余曲折ありつつ樋口監督の下で研鑽を続けてきた横浜は、非常にスムーズなプレーを表現した。狙いを持ち、狙いを遂行し、次のプレーへ移行し、また連動してプレーする。1人のアクションに周囲が反応するなど、グループとしてイメージを共有して質の高いプレーが出来たのかな、と。


痺れる逆転勝ち、2008年以来の開幕戦勝利、素敵な1日になりました。これがあるからやめられない。改めてスタジアムは情熱的で刺激的。一夜明けても興奮は収まりません。

とはいえ、振り返ってみると、湘南のゲームだったのかな、とは思います。ブロックを組んだ上で中盤のスペースを消しつつ、ボールホルダーに対しては非常にタイトにアプローチしてプレッシャーを掛ける。横浜はその圧力に屈し、なかなか攻撃構築ができなかった。

奪ったら、高い位置からのプレスを回避するために攻撃に移るタイミングで長めのボールを用いる工夫をしつつ、空いたサイドのスペースを効率的に使ってスピードある攻撃を展開。湘南らしいスピーディでダイナミックな攻撃には手を焼いた。

その上でキリノがキレキレ。スピードと思い切りの良さが光り、スペース空いたところを見逃さないミドルと中澤佑二を置き去りにするドリブルシュート(シュート前の大きなドリブルも秀逸)で2得点。ボランチの2枚、梶川や古林も好プレーを見せたりと、湘南ここにありを見せたゲームだった。
毎年毎年のことだけど、シーズンが始まると否応もなくワクワクしちゃう。。不安も数え切れないぐらいあるけれど、それ以上にまたシーズンが始まる、生きてるって感じを味わえる自分の場所に帰れる事が本当に嬉しい。

今シーズンのFマリノスは、ここ数年とは違い、昨シーズン積み上げたベースの元で新しいシーズンをスタート出来る。昨今のJリーグではチームの熟成度がそのまま成績に反映される傾向があるだけに、ようやくトレンドに沿った形、といえるのかも。






Powered by Movable Type 5.02

このアーカイブについて

このページには、2013年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年2月です。

次のアーカイブは2013年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。