蒼井真理 @aoi_mariの最近のブログ記事

aoi_mari.png蒼井真理

ル杯開幕アウェイC大阪戦の選手評を、横浜駅のBECK'Sからユルユル連投。振り向かず前向いて歩いて行くけれど、備忘録は残さないとリーグ戦に絡めてない選手の記憶は残らない

GK杉本大地。マリノス公式戦デビュ。枠内シュート2本、被決定機3つで2失点。自責ではないが、セットプレイ守備を統率修正する声や「見る捨てる任せる」ギリギリの判断は磨いて欲しい。足技、フィードとクロスキャッチ、飛び出しパンチクリアは良いプレイも不安定さも混在。GKの評価は難しい

「枠内シュートはほぼ打たれてないので、2失点は自分の責任。CKからクリアし切れず全員ボールウォッチャになり自分のマークを離してしまった。修正できる部分だと思うので、練習から厳しくやりたい。試合自体は落ち着いてできた。後半の飛び出しパンチクリアなど、自分の持ち味も出せた」杉本大地

CB栗原勇蔵。CKから直接でなく、こぼれ球を決められた事にどこまでマーカの責があるかは判断と評が難しい。セカンドでボールウォッチャになるのは昔から変わらない癖。序盤は「らしい」撃墜ヘッドもあり、クロスにも集中して跳ね返してたんだけど。ビルド横パスで飛ばすパスがないのも変わらず

CB朴正洙。左肘にサポータ巻き少しぎこちなさもありながら、序盤は集中力高くピリッとしたプレイ。しかし後半は少しずつ緩い自陣パスミスも。なかなか90分高いピリピリ感を維持できないのは昨季後半からの継続課題。チャレンジの縦パスでのミスはいいが「なんとなく」ミスるのはダメ

右SB新井一耀。守備はそんなに忙しい場面もなく、攻めでも特に目立った貢献も粗もなし。ただ一耀も「なんでもないパスがズレる」シーンがなかなか減らない。あれだけ多いのは単なる「受け手との意志疎通」問題ではなく彼の技術や判断に難がある。昨季天皇杯敗退の悔しさを忘れてはならない

左SB高野遼。ルーズボールへの対応、反対サイドからのクロスに確実に競り跳ね返すポジショニング、総合的に昨季のナ杯GL出場から着実に伸びており隔世の感。被カウンタ対応での30mスプリント加速は魅力ある武器。唯一の決定機は高野遼のクロスから。かなりSBらしくなってきた

昨季ナ杯GL、ただ縦に走り力いっぱい左足クロスを自分のタイミングで蹴り込むだけでSBらしいプレイの機敏も何もなかったプレイが評価され、昨夜の高野遼が評価されないのは全く理解に苦しむ

ボランチ中町公祐。無駄にコネずタッチ数少なくシンプル心がけるプレイは好感も、2失点目の被CKにつながったへなちょこ横パスミスは全くいただけない。ボール握れど実効性ある攻めができないチームをピッチで問題解決もできず。不甲斐なきかなマエストロ。もっとドSな修正指示する叱咤の声も

ボランチ扇原貴宏。被CK失点は勇蔵と同評。前半はチームで唯一「相手守備ブロック内側に縦に入れる、受ける」トライでスイッチ役になろうとしていたが、連動せず埋没。攻守球際の軽さはC大阪もBチームで露呈せずも、少し気になるシーンはあった。もっと特徴を出し、インテンシティの課題は克服を

右WH仲川輝人。前半の終盤から左WHに。私的MIP。まずサイドの守備が賢く堅実でサボらない。制限する、寄せる、引いて埋めるの判断に迷いなく精度と実効性も高い。対戦相手とゲームプラン次第では、右WHスタメンを試す試合があっても良いのではないのか(マルティノスの守備がアレなだけに)

WH仲川輝人。ただ攻めで良さを出したのは左にポジションを移してから。ここでも「縦に抜ける、止まって受ける、そこから縦あるあは中に仕掛ける、預ける、タメてスルーパス」の判断に淀みがない。チーム全体の攻めが迷い迷いの中で、仲川輝人の迷いのないプレイセレクト、自信あるプレイは際立った

WH仲川輝人。唯一の決定機、高野遼のクロスを引き出したのも仲川輝人が左サイドで受け起点を作ったプレイから。前田直輝のエリア内シュートも左ペナ角から短いスルーパスでお膳立て。自身のシュートは前半1本のみも、攻守の実効性は高かった。試合通して内容あるプレイ

左WH遠藤渓太。前半終盤から右WH。前半にエリア外からシュート1本のみ。タッチ際に張り付き、CBとSB、ボランチの隙間で効果的に受けて前向く引き出しがなく、縦やカットイン仕掛けも中途半端でやり切れず。再び漂う自信なさげな童貞臭。タイでの覚醒は夢幻か

WH遠藤渓太。しかしタイでは「ああこれは渓太もう “学がいなくなる” 前提で覚悟持ってプレイしてるなあ」感があり、それ故の「俺がやらなきゃ誰がやる」責任感、高揚感あっての覚醒であったかなと。それが学さん残留、自身はBチームの右SBに逆戻り、テンション維持が困難なのも仕方なしか

――改めてサッカー選手の成功、キャリアと地位を築くには「監督やチームメイトとの巡り合わせ」運がほぼ50%だなと。単純な話、80点の能力あっても同ポジに95点の選手いたら、そのポジではレギュラになれない。65点でも周りが55点なら、伸びシロ期待されつつ起用される。これは巡り合わせ

もう運だし巡り合わせなんだけど、選手は自分でコントロールできない領域の事で腐っても仕方ない。やれる事をやるだけ。渓太が試合前「学くんは同じポジションで越えなければいけない存在」と語ってるのも、それを理解してるから。同じポジションの実力者は、越えて蹴落とし自分の地位を築くしかない

だから今の遠藤渓太には、また少しメンタル的な高揚感が落ちプレイに迷いや自信なさを感じるが、それは「学がいなくなったから俺が」が「学を越えていかなければ」と超難度上がり、そのためどうするか悩み考えてるからだとポジティブに解釈する。自分の置かれた立場の変化を受け入れ、前を向いてると

新しいマリノスに、今季は一喜一憂するつもりだけれど1試合だけでチームや選手に対し「ああコレでアイツで間違いない」とか「コレはダメだアイツは無理だ」とか短絡的な評価をしないスタンスは変わらないよ。むしろポジティブに、可能性を見たい。大事なのは前向きに取り組む姿勢。変わろうとする事

トップ下の中島賢星。終盤はボランチ。後半3分の決定機は決めたかった。試合と彼の今後の立位置を左右するビッグプレイだった。前半からトップ下として右サイドに流れたり、前線で良い距離感を作るため試行錯誤したが全体の意志疎通問題もあり実効性はまだまだ。後半27分の中盤ロストはダメ絶対

中島賢星。昨季後半からボランチ起用が増え、今季開幕戦は一定の手応え。「後ろから入っていく」センスはもとより感じさせる選手。3年間目の危機感、課題に取り組む意欲も伝わる。今はトップ下よりボランチが適所かと思うが、扇原の加入で起用法も一定しない。難しい立場だが、頑張って欲しい

CF富樫敬真。前半エリア内シュート1本、全く縦パスの入らない展開に埋没したまま後半20分に無念の交代。ただ鹿島戦で出場機会が無かったのもC大阪戦で縦パスが入らないのも、まだ敬真にチームからの信頼が足りないから。それは本人も自覚している。言い訳せず練習から積み上げるのみ

後半12分からトップ下の前田直輝。試合の流れに上手く入ればハマる選手だが、そうでなければ全く不発。松本時代から続く「ムラっ気」評を覆していかねばリーグ戦での出場機会も増えていかない。そのために何が足りないか、自分の特徴をチームとゲームに如何にして落とし込むか。もっともっと考えよう

後半20分からCF伊藤翔。良くも悪くも1トップ、前線のターゲットとして他のライバルにない安定感。とりあえず前線に的と軸、起点はできるが、C大阪戦ではビハインド展開でも遮二無二感が不足でシュートゼロ。なんか未だに全てを掴みきれない伊藤翔ワールドがある

後半35分から右WH吉尾海夏。一度、右サイドを縦にゴリゴリ仕掛けた。Jデビュ戦の足跡はそのくらい。タイでの2戦目に続き、気後れしないゴリゴリ感あるのは好感。ユース時代に見せた「常に脳味噌フル回転、賢く細かなポジション修正」は、その後についてくればいいかな。今はゴリゴリして正解

aoi_mari.png蒼井真理

『CFG提携の価値と東欧ルート、今オフ補強についての妄想に近い推測』および『CFGと日産がマリノスに求めているものは何か? その疑問に対する解』を連投する

比較的、予算規模に恵まれた複数クラブが今オフは強気の動きを見せた。鹿島、瓦斯、神戸、フラれる事が多かったが吹田や鳥栖も。浦和は地味ながらピンポイントにJで実績ある選手を加えた(何より近年流出が極端に少ない)

対するマリノスは新体制発表後ながら外国籍枠を3+2でフルに埋めた事などもあり「近年稀に見る積極補強、大成功」とのサポータからの評価もあるが、Jリーグで確固たる実績ある選手たちではなく、若い選手が多い。獲得に使った金額的にも「大型補強」ではない

日産自動車がマリノスへの資金投下の仕方を変えて「CFGと資本提携を伴うパートナシップを三者連携で締結、20%の株式を売却し提携しチーム運営にノウハウを取り入れる」と決めたのが2014年5月。2年半以上前の事

――振り返れば全然ハードランディングじゃない

改めて強調しておくべきは、この提携はマリノスとCFGの二者提携でなく「日産自動車を含めた三者提携」であり、この決定にはマリノスの実質的な親会社である日産自動車、カルロス・ゴーンの意向も強く働いているという事。背景を考えれば「むしろ日産自動車の意向が最も強い」提携であった事

…当時は特にCFG側のメリットが見えにくく「CFGと、またそれとの提携を望んだ日産自動車がマリノスに何を求め期待しているか」が見えなかった。「数年後にはチームカラーやエンブレムが変更になる事も受け入れないとダメなのかもな」そんな漠然とした不安も、皆無ではなかった

2015.12.31
嘉悦朗が社長を退任

2016.3.31
下條佳明チーム統括本部長が退任

2016.4.1
利重孝夫氏がエグゼクティブアドバイザ就任
アイザック・ドル氏がSD就任

2016.6.1
利重孝夫が取締役就任

2016.7.1
利重孝夫がチーム統括本部長就任

CFGとの提携合意から約2年が経った昨年の3月末から、フロント体制に大きな動きがあった。2010年から嘉悦社長の下で6シーズン統括本部長を務めた下條氏が退任。スポーティング・ダイレクタにアイザック・ドルが就任し、この時点ではドルが下條氏の仕事(編成の長)を引き継ぐ形になった

2ヶ月後の6月に利重氏がアドバイザから取締役に、その1ヵ月後にはチーム統括本部長に就任した。7月はちょうど「来季に向けた編成がスタートする」時期でもある。この「利重+アイザック体制」が既定路線だったのか、必要に迫られての変更だったのかは、全く情報なく不明

――SDという役職名からは総合的な決定権を持つGM(日本で言う強化部長、マリノスなら統括本部長…ただし背後に社長、その背後に親会社がいて決裁権を持つ事が多い)のような決定権を有さない「補強のための交渉人」の意味合いが感じられ「利重+アイザック体制」は既定路線だったと見るべきか…

…つーかクラブにとってこんな大きなフロント体制の変更がある中で情報があまりに無さ過ぎたんだよ。この半年以上、マリノスの番記者たちは何をやっていたのかと。なんで利重さんやドルのインタビュ記事が一本もあがってないんだよマジ仕事しろよ

アイザック・ドルのSD就任、利重さんの統括本部長就任の際に「不安と不可解」を覚えたのは2人の経歴に「プロクラブの編成経験が皆無」であった事

利重氏の経歴は超の付くエリート&エグゼクティブで出自にサッカー背景あり、トップビジネス&サッカー界での実務交渉経験は他の日本人で探すのがおそらく難しいレベル。ドルは日本、中東、フランス、母国ルーマニアでU-年代を中心に豊富な指導歴ある国際派。しかし2人とも「編成経験はゼロ」皆無

なので昨季の4〜7月頃は「社長も1年生だし、こりゃあ次のオフはどうなる事やら想像もつかんな」と、これまた漠然とした不安になると同時に「番記者どもマジ仕事しろよ…」の念が強くあったが、本当に情報が無さ過ぎて仕方ないのでそのうち考えるのをやめた(第二部完)

そしてシーズン終盤からオフにかけて、ただただ受け入れるのみ。いやーこの約3ヶ月、なかなか濃密だったねえ…

利重氏自身、昨季リーグ終了後の最初の契約更改交渉の後に「1回目の契約交渉で、私自身も初めてだった。今までいろいろな会社で人事面談をしてきたが、やはり似て非なるもの」と語っている

…実際、トップビジネスの世界では感情論を排しロジカルに交渉、議論、説得できても、サッカーの特に代理人を介さない直接交渉ではそういった「交渉の基礎ルール」を持たない選手側が感情論を持ち出し、どう形にしたらいいか分からない「愛」を要求してきたりと違った難しさが絶対的にある

「判断基準をハッキリさせないとマリノスへの愛がなくなってしまう。愛のないクラブは衰退する」中町公祐

「愛あるクラブにしてくれ、と伝えた」飯倉大樹

――全くの余談だがこの当時の利重さんに、加藤清正に「お前には情っていうもんがねぇのかよ!」「お前と飲みたいんだよぉおお!」とすがりつかれ鬱陶しそうに振りほどく石田三成(山本耕史)のイメージが重なってた

新体制発表では「マリノスタウンを離れ、本社機能と練習場の距離ができてしまいコミュニケーションが足りない部分もあった」と反省の弁と共に「今季は編成の長である私が責任をもって果たしていく」とも語った。チーム統括、編成の長としての経験不足が否めない部分も確かにあった

――ただ今になって「何故、利重氏だったのか」「何故ドルだったのか」を少し醒めた目線で考えると、思うところがある(ようやくこの連投の本題である。前フリが長いのは芸風だから諦めて、どうぞ)

aoi_mari.png蒼井真理


――新体制発表を受けて、2017シーズンの始動に臨むマリノスの現場体制を確認&備忘録


監督

エリク・モンバエルツ 61歳 3年目

ヘッドコーチ

松橋力蔵 48歳 ★新任(前ユース監督)

テクニカルコーチ

マルク・レヴィ 55歳 3年目

GKコーチ

松永成立 54歳 11年目

フィジカルコーチ

アレシャンドレ・マルレス 37歳 ★新任

アシスタントフィジコ

松本純一 33歳 ★新任

コーチ(分析担当)

小坂雄樹 39歳 8年目

テクニカルスタッフ(分析担当)

杉崎健 33歳 ★新任


Diario de F. Marinos@DdeFMarinos

超エリートな新フィジカルコーチ・マルレス氏のプロフィールを簡単にご紹介。 https://diariodefmarinos.wordpress.com/2017/01/15/... 

実に14年間の長きに渡りトップチームのフィジコを務めた篠田さんは、契約満了で今季から川崎のフィジコに就任。樋口体制1年目から小坂コーチの下で分析担当を6年務めた岡村コーチも退任

アシスタントフィジコに就任した松本純一氏は33歳。熊本出身で2008年から昨季まで8年間 J2ロアッソ熊本で非常勤トレーナ、フィジコを歴任

テクニカルスタッフに就任した杉崎健氏は33歳。東京出身でサッカーのデータ分析企業「データスタジアム」を経て2014〜15年に神戸、昨季は仙台で分析担当を歴任。より複雑な数値データから選手とチームのパフォーマンスを読み解く、CFGの提供データを活用する人材として招かれた模様

■ドクタ

深井厚⇒★新任

■トレーナ

日暮清⇒(チーフ)★新任

佐々木康之⇒★新任

宮内信泰⇒★新任

所澤、太田原、松田、3名のトレーナが全員退任。96〜2007年にヘッドトレーナを務め、08〜16年は新潟に在籍した日暮さんが10年振りにマリノスに復帰

2016⇒2017のマリノス「フィジカル&メディカルのスタッフ全員刷新」の大改造人事に

フィジカルコーチは「始動からシーズン通して選手が(監督の求める)安定して高いパフォーマンスを試合で発揮できるよう、選手個々のコンディションを見極め適正な負荷を設定しフィジカルメニュを与える」のが仕事。居残り自主練では個々の相談に乗り、メニュを与え付きあう事も多い

メディカルスタッフは「主に負傷した選手に適切なリハビリメニュを与え速やかで安全確実な復帰を促す(サポートする)」のがトレーナの仕事。メンタルケアの役割も大。ドクタはその指針となるべく負傷を診断しトレーナ(やフィジコ)と共に負荷と復帰時期を判断する

「フィジコがダメだから負傷者が多い」といった批判は多いが、ぶっちゃけ怪我は、選手の体質やプレイスタイル含め「運」の要素が90%。怪我する時はする。8%が選手個々の意識、節制や積極的休養、日々のケア。スタッフがカバーできるのは残る1〜2%の僅かな領域――というのがド素人の自論

シーズン中、次の試合に向けてトレーニングの強度を決定するのは最終的に監督であるし、実際に身体を動かすのは選手であり、今の自分のコンディションを体感的に判断できるのも選手。「練習で発生する筋肉系や関節の負傷がフィジコの責任」であるケースなど、冷静に考えればあるハズもない

――ただ負傷が連続する、しかも同じ部位や左右交互で負傷したり、パフォーマンスが戻り切らない… など「スぺ体質化」の問題は、メディカルスタッフが受け持つ責任は大きいかもしれない。怪我をすると身体のバランスを崩したり、負傷部位を庇い別の部分に負荷が掛かったりする傾向もあり⇒

⇒そのリスクや不安をリハビリメニュや対話を通じて選手から取り除く手助けをするのがトレーナの仕事だからだ。豊富な知識と経験、そして何より選手との対話力・共感力が強く求められる。言葉に説得力、選手との信頼関係が築けなければやっていけない

「選手との信頼関係」が大事な仕事(長期離脱選手にとっては愚痴や弱音の聞き役)であるが故に「来季はトレーナ全員入れ替えるよー」というクラブの判断に、彼らとの付き合いも長いベテラン選手から反発が出たのも――まあ分からなくない話ではある

……おそらくクラブとしては、そういった反発の声も聞き入れ、12年間マリノス在籍経験ある日暮さんをチーフトレーナとして呼び戻したのだと思うけど。日暮さんと仕事した事ある選手は、中澤と勇蔵と飯倉の3人だけになってしまったな

■通訳

松原英輝(仏語・コーチ兼任)⇒留任

高橋建登(韓国語)⇒留任

松崎裕(英語)⇒留任

木下伸二(ポル語)⇒★新任

細川パブロ大(ポル語)⇒退任

※松崎裕氏の役職が前年の「チーム管理サポート」から再び「通訳」に(在籍は2014年から)

■チーム管理統括

袴田聖則⇒留任

■キットマネージャ

山崎慎⇒留任

■副務

緒方圭介⇒留任

――フィジカル・メディカルスタッフを中心に、長い間マリノスに尽力してくれた現場スタッフの多くがチームを去り、刷新が成された。しかしクラブの目的は「末永く皆で仲良く」ではない。人と人の繋がり「縁」は大事だが、それが主目的となる事はプロの現場では決してあり得ない

シゲさんがGKコーチとして留任した事は、小さな驚きだった。GK4人のうち3人がチームを離れ「テツが凄く優しくて若手の面倒見もいいから、GK練習が悪い雰囲気にならない」と評していたGKの長兄、哲也も浦和移籍を決断した。昨季7月に練習中エリクと激しい口論になったという報道もあった

――2010年、木村和司体制1年目にハマトラ紙でインタビュさせていただいた際のシゲさんの言葉を読み返し、思うところがあった部分を以下に引用する

「僕ら(コーチングスタッフ)も結局そのシーズン誰が監督やるか分かった上で契約する訳で、その体制がイヤなら契約しなきゃいいだけ。仮に何か不満があったとしても契約したなら、その監督がやりやすいよう100%協力するのがあたり前なので」松永成立GKコーチ 2010年

「どっちにしろ現役の頃からこういう(プロの契約)世界で生きてきているから。ハンコ押したらもうウダウダ言わずにやるだけ。チームの順位をひとつでも上げるためとかじゃなく、優勝するためにやっている」松永成立GKコーチ 2010年

■チーム世代構成バランス

1978 中澤佑二

1983 栗原勇蔵

1984

1985 中町公祐

1986 飯倉大樹

1987 鈴木彩貴

1988 ウーゴ 伊藤翔 下平匠

1989

1990 齋藤学 金井貢史

1991 マルティノス 天野純 扇原貴宏

1992 仲川輝人

1993 富樫敬真 新井一耀 松原健 山中亮輔 杉本大地

1994 前田直輝 喜田拓也 朴正洙 高野遼

1995

1996 中島賢星

1997 遠藤渓太

1998 吉尾海夏 原田岳

1987年以降生まれの選手は、昨季始動時に10名在籍したのが、今季は5名に半減。1991〜94年生まれ(23〜26歳)のボリュームが増し「3年先にピークを見据えたチーム編成」という視点でも、バランスの取れた若返り編成が実践された

■ポジション編成

GK 飯倉 鈴木 杉本 原田

CB 中澤 勇蔵 朴正洙 新井

SB 松原 下平 金井 山中 高野

DM 喜田 中町 扇原 中島

OM マル 齋藤 天純 前田 仲川 遠藤 吉尾

FW ウーゴ 伊藤 富樫

GK 飯倉 鈴木 杉本 原田

4人体制は変わらずも3人が入れ替わり、J1で実績あるGKは飯倉だけになった。飯倉、哲也、六反と遜色ない3人が同時に在籍した当時が夢のようだが、ある意味では金の使い方を間違っていた。とにかく今季は飯倉に怪我なく安定したパフォーマンスを期待したい

CB 中澤 勇蔵 朴正洙 新井

ファビオが移籍、岩波拓也や高橋祥平ら若く実績ある選手の獲得もならず。エリク就任時「最も層が厚く計算できる」「堅守の屋台骨を支える」ポジションが、最も不安要素の強いセクションとなった。他のCBを補完できる存在であったファビオの流出は実に痛手

最大の難点は4人共にスピードを欠く事。どう組合せても自陣から繋ぐ、ラインを押し上げるスタイルにおいてリスクが高い。中澤と朴正洙は絶対的なスピードを欠き、新井は反転アジリティが低い。ファビオと組み良さを発揮できるタイプ。勇蔵も往年の快速は失われ、3人を補完できる程ではない

中澤と勇蔵の「跳ね返す力」は未だリーグ屈指だが、チームが目指す「世代交代」「自陣からのビルド」2つの題目から両者の同時起用は現実的でない。勇蔵は中澤のバックアップでしかなく、朴正洙と新井には絶対的に経験実績が足りない。ファビオが抜けずとも実績ある20代CBの獲得はマストであった

――利重さんの表現を借りるなら

◆選手の成長ステージ

1.ブレイクスルー(突破・進歩期)

2.デベロップメント(発展・成長期)

3.ピーク  (完成・到達期)

4.トワイライト(晩年・黄昏期)

朴正洙と新井は「1」中澤と勇蔵は「4」のステージ。「育ち盛り働き盛り」の選手が不在

3年連続フルタイム出場を果たした中澤だが、流石に今季は徐々に出場時間を減らし世代交代を進めて行くべき。しかし現状の朴正洙と新井を組ませリーグ戦を戦うのは(2人に経験を積ませ成長させる意味でも)リスクが大き過ぎる――シーズン前半、どちらかが急激に伸びてくれる事を期待したいが…

高橋祥平(25)は4年越しのオファーに応えず磐田を選択。年齢、サイズとスピードのバランス、足下の技術と得点力、J1・J2で200試合を超える出場経験――ファビオの穴を埋める意味では申し分ないタレントであった(素行面、エリクとの相性問題はさて置き)

総合的に岩波拓也(22)が理想だったのは確かだが――同じクラブで自分より若くレギュラの岩波にアプローチしていた事が印象を悪くしたか? 昨季、磐田から神戸に移籍した伊野波が高橋のポジションを奪い、今オフ高橋が磐田へ。1年越しCBトレード。両者の年齢を考えると磐田は丸儲け

SB 松原 下平 金井 山中 高野

昨季始動時3選手だったSBは左右バランス取りつつ5名。松原と下平は怪我もあり昨季フル稼働しておらず、左右こなす金井の存在はバックアップに限らず心強い。山中と高野は守備の向上が課題で、場合によっては一列前、左WHでの起用もあり得るか

ボランチ 喜田 中町 扇原 中島

守備的なボランチはアンカー展開型の朴正洙もいるが「待ち構える守備」になりやすく、喜田にはフル稼働を期待。機動・展開型には天野純も。中央3枚は固定か、使い分けか。扇原も獲得し選択肢を得たエリクの判断が問われる。中町の残留は非常に大きい

2列目 マル 齋藤 天純 前田 仲川 遠藤 吉尾

リーグ屈指のドリブラ昨季18ゴールに絡んだ学の去就が目下焦点。俊輔の移籍は、むしろ中盤構成においては方向性が定まりエリクの悩み軽減。「旧態依然としたトップ下」は今季のエリク横浜に不要となり「実質的な4-3-3」化が進むだろう

中盤3枚はマイボール時は守備的なボランチを底に1枚残し、残り2枚はインサイドハーフ的に(天野純や中町、吉尾)展開と崩しの局面に積極関与する。1トップが孤立するようなら前田や仲川を1.5列目、縦関係の2トップ的に起用する――エリク横浜は「4-2-3-1」と見ない方が理解しやすい

FW ウーゴ 伊藤 富樫

結局ターゲット型、ファーストトップの補強は成されず。ウーゴはウイングに近い7・11番タイプで「学の始動後の移籍も前提として」の補強と思われる。より2トップに近いシステムも考えられるが、現状では敬真が化けねば積年課題のリアリズム克服は難しい

aoi_mari.png蒼井真理

前半終了、横浜1-1神戸。ほぼマリノスがゲーム支配しハーフコートに押し込んだ45分。なかなか決定機を作れないのは既知の課題も、伊藤翔が先制。学からの良いクロス。ピンチなんてほとんどなかったのに、中澤が年齢的な限界を再び露呈。まあ、新監督の判断か

---

2得点のアシストが学と藤本淳吾ってのが、とても素晴らしい

試合終了、横浜2-1神戸。被決定機は1つある無し。 セカンド奪取率高く押し込む樋口マリノスの真骨頂。 ボール&ゲーム支配がそのままチャンス数や得点に比例しないチーム状況は変わらずも、2得点。ゴールとアシストで絡んだ4人も、とても良いメンツ

今日の神戸戦なんか、まさに「個の力よりも、組織の積み上げ」で勝利したようなゲームだと思うのだが…。まあ、決まった事は仕方ない。「ザ・消化試合」でも、監督も選手たちも曲がらす樋口マリノスを貫いて見せてくれた。特に、兵藤が気持ちを全面に出してくれた事が嬉しい

サイドに展開して藤本淳吾がタメ作って、エリア内でFWや2列目がDFを釣ってる間にボランチの兵藤が大外に周りこんでクロス引き出して押し込むーー今季コンセプト、手数かけたサイド攻撃はちゃんと積み上がってるんだよ。形になって現れるのに、凄く時間かかっちゃったけどね


aoi_mari.png蒼井真理

三連休の最終日、月曜日。リーグ31節ホーム浦和戦。浦和は勝点58で首位。マリノスは前節のしょっぱいドローで、安定の10位に逆戻り。優勝もACLも降格もなく、優勝争い&残留争いするチームを邪魔する暗い悦びのみ。勝てば賞金圏内7位に返り咲きだよ!

浦和にとってFW興梠慎三の離脱は大きな痛手。30節まで全試合に先発、チーム最多12得点。ゴールが勝点に絡まなかったのは28節の仙台戦のみ。2シャドウとの流動性の中で前線の核となる「消えて・現れる」知性を求められる1トップ、ミシャ浦和に昨季(33試合13得点)から不可欠な存在

浦和はリーグ直近5試合で1勝2分2敗。C大阪と仙台に敗れ、甲府に引分け。「この時期に残留争いをしているチームと対戦したくない」のはマリノスだけではないのだよ。2位G大阪は昨日、仙台と引分けたが勝点差は2と詰め寄られている

ミシャ・ペトロヴィッチはJで指揮を執り8年目。その間、タイトルを得たのは広島3年目のJ2優勝のみ。天皇杯とナ杯で3度の準優勝。浦和就任1年目で3位となりACL出場権を得るも昨季は6位。広島は退任後リーグ2連覇。とにかくタイトルと縁がない、勝負弱い。往年のハンス・オフトみたいだ

今季リーグ終盤の失速を見るに「ああやっぱりミシャは勝負弱い」「リーグタイトルは、G大阪か鹿島か」と思う。しかし興梠慎三の負傷離脱、彼がリーグ最終戦に間に合わせようとリハビリに励む姿がチームに「ミシャのタイトル縁の無さ」を超えるプラスの効果を与えるかもしれない

本当に自分だけのため、目標のために最後に手が届くギリギリのプレッシャに完全に打ち勝つ(中田英寿や本田圭佑のような)選手は多くない。ゼロ杯でマリノスを打ちのめした広島のように「自分でない、しかしチームにとって共通の誰かのために」は、時として強烈な一体感とモチベーションをもたらす

一体感やモチベーション「動機付け」ってホント大事。試合におけるチームの戦闘力は「(個々の能力+連携・戦術)×コンディション」だけでなく「×モチベーション」だから。それが「目標意識乏しい」0.8なのか「ひとつの目標にチーム一丸となった」1.3か、その差は結果に大きく影響する

ベースとなる「個々の能力+連携・戦術」値に大差がないJリーグでは、特にモチベーション(とコンディション)は大きく結果に影響する。今季マリノスが優勝争いに絡めず低調な試合が多いのは「優勝争いに絡めてないから」という一見すると訳の分からんような理由も少なからずある

――マリノスは元来リーグにおける「空気を読めない」チームの代表格なハズなのですが、最近はそうでもなかったり。優勝争いを盛り上げるという意味では、勝利か最低でも引分けが求められる試合でもあり。さて今日のマリノスはどうなんでしょう

ちなみに浦和はミシャが来季も指揮を執る事、契約更新を10月6日という早い段階でリリース済み。まあこの時点でACL圏内はほぼ確実な情勢でしたし。さてさてマリノスは…「情報が出ない=決断を先送り」とは限りませんし、近年は情報統制がよくできてるしw

逆にネルシーニョが今季限りと公式発表あった柏はともかく、神戸とかアレどうなんでしょうね。話題作りの一環なのかしら…

閑話休題。今日の浦和戦の注目ポイントを考えてみる。まずはゲームプラン、特に浦和と広島が相手の場合は「対ミシャ戦術のverが幾つになるか」つまりボランチに求められる役割がどうか、という所が大きな見所になる

「樋口マリノスのミシャ系チームへの相性の良さ、より能動的に勝利するための戦術進化の歩み」については、9月のホーム広島戦の一連のTweetを参照のこと

http://twilog.org/aoi_mari/date-140923/asc

どうやら土曜の紅白戦を見る限りは、勇蔵がCBに復帰。ファビオは加入後初の「ボランチでスタメン起用」となる模様。相方は兵藤か。……うーんどうだろうこの決断は。個人的には「ちょっとどうかしら」と思うが、樋口監督のここに至る論理思考はトレス(推察)できる

まず前提A.「対ミシャ戦術ver.3.0」以降は、相手の1トップ+2シャドウをDFラインの4人で見る。ボランチはシャドウに付かない。SBは「2シャドウ+同サイドのWB」に対し状況に応じた「見る・捨てる」瞬時の判断を要求される。4バックの高い戦術理解度、阿吽の呼吸が大事になる

この前提A.を満たすため「直近4節にCBで先発し上々のパフォーマンスが続いたファビオ」をDFラインから外す。ファビオは「個の身体能力やリーチ、守備範囲の広さ」で相手を止めているのが現状。視野や連携判断はまだ拙い。加えて下平匠も、昨季のドゥトラに比べ守備の信頼度は低い

前提B.9月の広島戦「対ミシャver.3.1」では、ボランチの主たる役割は「2シャドウへのパスコースを限定する、隙あれば相手ボランチに食い付き奪いカウンタの起点に」というもの。しかし小椋と三門のプレイは、高萩と石原の仕事を限定したというより、彼らの不調に助けられた感が強かった

…ホーム広島戦は、小椋と三門の両ボランチとDFラインの間のスペース(バイタル)は大きく、2シャドウの石原と高萩はかなーり浮遊、彼らへのパスコース遮断も十分ではなかった。しかし広島は2人を使い切れず。1トップ先発が佐藤寿人でなく、若い皆川佑介であった事も流動・連動性を下げたか

つまり「対ミシャver.3.1」でも、ボランチはバイタルを締めるより相手2シャドウはDFラインに任せ「相手ボランチやDFから2シャドウへのパスコース遮断」が守備における最優先タスク。視野の広さと状況判断力が求められ、富澤や中町、兵藤が最適任。今日ピッチに立てるのは兵藤のみ

前提B.からボランチは兵藤+誰かになる。俊輔を最初から3列目起用する選択肢もあるが、対ミシャ戦においては、トップ下の俊輔は相手ビルドの起点である「中央で遅攻起点となるボランチ」に圧力を掛ける重要な役割を担う。浦和戦では、主に阿部勇樹からの効果的なパスを遮断、限定する事

前提C.藤本淳吾の直近数試合のパフォーマンス、守備能力や運動量を考えると、兵藤とボランチを組む候補は優平しかいない。しかしC大阪戦を見ても、優平が高い位置で絡まないと今のチームは攻撃にダイナミズムが生まれない

C大阪戦後に優平が「最後は4-1-4-1のような形になり、監督もそれが理想だったと思う」と語るように、今の伊藤翔を1トップとした形では、2列目の厚みと流動性を高めないと厳しい。しかし対ミシャ戦術で、ボランチを1枚削るのは無理だし、2枚とも役割として守備から入る

前提C.を「守備面のみから考えると」現状ボランチとして最適なのは兵藤+優平。しかし、優平は2列目で起用したい→対ミシャ戦でファビオCB起用は不安→広島戦の小椋と三門も決してパーフェクトではなかった→ファビオは謎の守備範囲の広さを有する→ファビオには実戦経験積ませたい

→とまあ様々な思惑が絡み合いつつ樋口さんなりの結論と致しまして「ファビオにはボランチであっても実戦経験積ませたいし謎の守備範囲に期待。いろいろ至らぬ点もあるだろうけど、気の利く兵藤がカバーしてくれるだろう。ダメでもともと、広島戦の小椋と三門も結構アレだったし」…な感じかと

樋口さんの思考パタンは概ねロジックに忠実で、前提に相反する要素が現れた場合は「えいやっ」とどちらか捨てるより中庸の道を選ぶ。たまーに「えいやっ」があって予想が裏切られる事もあるけど、大概その裏には「そうせざるを得ない」状況の後押しがある。主に中心選手の離脱とか

会見コメントを見ても分かるとおり、樋口監督の発言は理路整然としていて判りやすく読み易い(予想もつきやすい)↑ここまでの推察にも大きなズレはないと思う。結果として正しいかどうかは、試合をやってみないと分からない

中庸だけに中途半端な感はある。ぶっちゃけ勇蔵も「見る捨てるの判断」や中澤との受け渡し連携は(こんだけ長くコンビ組んでるのに)未だに怪しい。なら中澤+ファビオでも… でも「先を考えて」なら勇蔵+ファビオか。いや対ミシャ戦術でそれはあまりにキツい。ほぼプランの放棄だ

「能動的に浦和の良さを消す」対ミシャ戦術の守備面だけを考えれば、現状ボランチは兵藤+優平しか有り得ない。が、ラフィを欠き学が不調の現前線で優平をボランチの仕事に埋もれさすとC大阪戦の二の舞… で、この布陣に落ち着くと

だから決して藤井記者が言うような『自分たちのサッカーというこだわりなどどこかへ飛んでいってしまった相手に合わせた消極的な采配、マイナーチェンジではなくスタイルの放棄』だとは思わない。むしろ「能動的にミシャ系チームに対する」ため、且つ「遅攻でも流動性を出す」ための折衷・中庸策

そこで「CBファビオ起用を継続」とか「優平はボランチ起用、1トップを藤田、あるいは矢島との2トップにして、流動的な遅攻より、学を加えた前線の個人打開に賭ける」とかドラスティックな手法は取らないのが中庸の将・樋口監督。もうそこは個性だし、どっちが正解という訳でもない

ドラスティックな手法の方が、上手くいった(抜擢した選手が得点に絡み勝利する、とか)時にインパクトがあり一昔前のスポーツ紙なら「○○マジック」とか監督の手腕を評価してくれた。ファンの印象にも残り易い。でもそれは本質的な評価ではない、単なる後付けだ

――ドラスティックと中庸、どっちが良い悪いという事はない。常に結果論。…ただし、監督が「腹を括る」明確なメッセージ・選手に伝える手段として、時にドラスティックな決断は必要。しばしば、樋口監督に絶対的に足りないと感じるもの。アウェイ甲府戦、G大阪戦、そしてホームC大阪戦然り

ゲームプラン、ロジックの組立ても大事だが、それと同等に監督には選手をモチベートし、個々に「こう動いて欲しい」チームに「こんなゲームを見せて欲しい」それをそのまま自分の言葉で伝えるだけでなく『そうする・させるための言葉』や起用法を考え、選ばなければならない

選手個々の性格、今日の布陣における組合わせや、対戦相手との力関係。様々な要素を鑑みた上で「自分(監督)がイメージするプレイを選手にさせるための言葉のセレクト」どんなにロジックが正しくとも、ピッチの結果としてイメージ通り選手が動く言葉でなければ意味がない

例えば、前節のC大阪戦の前半。優平の試合後コメントどおり、樋口監督のイメージとしては「4-1-4-1」で流動性出したいんだろうな、とスタンドからも観て感じられた。でも試合前の意識付けに失敗しているのも見てとれた。優平と兵藤がバランス維持に後ろ髪引かれ、前に出ない良さが出ない

まあ優平のコメントによれば「前半は(※監督には)流動的に動けと言われた。(※でも)変な取られ方するとカカウとか怖かったし、佑二さんからも守備から入れと言われた」…いろいろ残念な感じですが。中澤の発言も、チームにおける影響力的な意味でも (※は蒼井の補完

今季ワーストゲーム、アウェイ甲府戦の2日後の連投。『試合前、ハーフタイムの樋口監督の"言葉のセレクト"に大きな問題があった』 ↓ここでもソレっぽい事は書いた

http://twilog.org/aoi_mari/date-140325/asc

……「強い言葉、決断を持たない」のは「中庸の人」と同じ意味で樋口さんのパーソナリティ的に仕方のない、改善は諦めるべき部分だろうか? 改めて「昨季リーグ優勝していれば」と思わずにいられない。言葉の重みや自信、決断の瞬発力に「積み上げの結実としての確かな結果」は絶対に必要だから

さあしかし中庸のセレクトが、どんな結果になるかは前節に続き蓋を開けてみなければ分からない。ただし対ミシャ系の試合展開予想・キーポイントは難しくない。双方ボールを握る時間帯があり、大量得点は考え難い

Football LABによれば、今季リーグのボール支配率1位は浦和の58.1%。2位が川崎で55.3% マリノスは3位、55.1%

http://www.football-lab.jp/summary/team_ranking/j1/?year=2014&data=possession

試合の趨勢を左右する注目選手は、浦和の柏木陽介。彼を経由するか否かで浦和のチャンスの質は大きく変わる。樋口体制下の対戦でも、いつも柏木はバイタルで浮いていたが浦和が使い切れない事が多かった。彼の関与時間が少なく消えていれば良。躍動すれば、1失点以下に抑えるのは困難になる

浦和のファンなら皆知っている事だと思うが、柏木陽介は多くのJリーグファンが思うよりずっと優れた、スペシャルな選手。攻撃に決定的な変化を与えられる、ミシャ系に不可欠なシャドウ。今季序盤はボランチ起用、ずっとそのままの方がマリノス的には都合良かったのに

浦和の、後方から柏木へのパスコースを兵藤とファビオが上手く遮断して、更にボランチ阿部勇樹(あるいは鈴木啓太、青木拓矢)がピッチ中央でボール持った際に俊輔と伊藤翔がサンドしてガシガシ潰せれば、今日は良い試合ができるハズ

マリノスの注目選手は兵藤慎剛。彼が如何にファビオをコントロールできるか。そして守備では相手2シャドウへのパスコースを消しつつ、マイボール時にはハーフウェイを超え2列目と絡めるか。慎重な守備から入るだろうが、相手ボランチからボール奪取&ボックスに飛び込む動きまであればパーフェクト

ファビオはねえ…。中盤で迷子になったりDFラインに吸収されて本来コンセプト台無しになったりしなければいいね。ゾーンで見る・守る意識、人よりむしろパスコースを消すんだという意識付けを、どれだけ消化・昇華できるか。まあ試合に出続けるのは良い事、CBに戻っても良い経験になるかなー

もしかしたら浦和の、2シャドウへのパスが全部ファビオに引っ掛かる、そしてカウンタの起点になるとか―― 樋口監督の「仕方なく組んだ布陣で謎の新適正発覚」スキルが発動するかも… いやでもボランチはもうこれ以上いらないんだよ…

ゴールを奪い勝ち切る、という意味では優平と学がどんだけ期待に応えられるか。優平は攻撃の流れを生み出す仕事、学はもちろん最後の決定的な仕事。30節まで4得点1アシストとか無いわー。あと途中から出てくる藤田、もしかしたら矢島や端戸

あと個人的な趣味では、最近存在感と実効性を高めている左SB下平匠。守備は相変わらずあゃしぃけどな! 浦和の右WBは平川忠亮? クロスは放置でOK。関根貴大の方が守備があゃしくて好都合なんだけど…。学が右、優平が左の時間を多くしても面白いかも

学が左タッチ際に張り付くと、俺の匠がこっそりジワジワ上がるスペースが無くなるんだよ。機を見て長い距離をガッと上がってこい? そんなの匠の原型とどめてないだろうが!

下平匠は「Football LAB」10月のJ1ベストイレブンに選出。『1ゴール、クロスCBP3位 3.17、攻撃CBP10位 10.38 左サイドバックの世代交代という、チームに課せられた使命を見事に果たしている』だってさ

http://www.football-lab.jp/column/entry/574/

Football LABでは「Chance Building Point」という独自の指標を使い選手を評価。平たく言うと『どれだけ相手ゴール近くでシュートに結びつくプレイをしたか&その精度』を数値化したもの。主観を排した数値による貢献評価が難しいサッカーで、それを試みたもの

この「Chance Building Point」という指標も、まあ随分ざっくりしたもので選手の本質評価だと思えないけど、主観を排した数値データで、下平匠がここ数試合コンスタントに高い数値を叩き出してるのは、まあ良い事じゃない?(個人的な趣味の話ですが

スタメン確認。…ファビオはやっぱり兵藤とボランチかあ。勇蔵がCBに先発復帰。不動の1トップ伊藤翔さん。藤田や藤本淳吾はベンチスタート。浦和はエルゴラ予想通り、リシャルデスはベンチです

藤本淳吾は本当にここまで1シーズン通しほぼ期待を裏切りっぱなしだなあ。今季の新加入では一番の目玉、金額的にも期待値は高かったハズだけど。とりあえず出た試合で「全部出し切る」感は出してほしい… ガツガツ感が足りない、とかユース上がりの若手への説教みたいに言いたくねえよ

マッチデイは中澤佑二。リーグ残り4試合、彼のプレイにも注目したい。今季は「強みと弱み」のコントラストが、より濃厚になった。トータル的にリーグ屈指のCBで、最小失点への貢献大きい事は疑いない。だが、経験で補い切れない領域も増えている

端的に言えば、アジリティ(敏捷性、反転力)クイックネス(俊敏性、最初の1歩目)無理な体制からの跳躍力などが齢相当に低下している。今に始まった事ではないが、今季は「その劣化を経験や予測でカバーし切れない」シーンがかなり増えた。特に、セットプレイ守備で相手1番手に付くのは厳しい

今の中澤は、セットプレイ守備において、例えば今は俊輔が務めているような「特定のゾーンを守る」ストーン役にすべきだ。C大阪戦でもCKから、マークに付いていた山下達也に振り切られポスト直撃のヘッドを許した。特に何のフェイクやスクリーンプレイもなく。今季は同種のプレイが少なくない

2年ほど前、俊輔は中澤を「1人でシーズン10失点くらい防いでいる」と評した。ファンの目に分かりやすい好守だけでなく、地味な限定や駆け引きも含め、今でも失点の少なさに大きく貢献している。おそらく中澤でなければ「勇蔵とファビオ」では防げなかった失点もあるだろう

ただ今季、特に夏以降はアジリティやクイックネスの低下を原因としたミス…というより限界が少なからず見られる。「中澤だから防げた」シーンもあるが「勇蔵とファビオなら」そもそもピンチにすらならなかったであろう被決定機もある。問題は、その割合を偏りなく正しく見極められるか…無理だなw

さて、試合序盤のチェックポイントはマリノスのボランチ2人、兵藤とファビオの位置取り&タスク優先順位の確認。たぶん「横並びで2シャドウへのパスコース限定」だけど、もしかしたら柏木陽介と梅崎司に(一方だけでも)マーク受け渡しで付くかも。あと俊輔の守備タスクも

次にボールを保持した際の、ボランチ兵藤とファビオの動き。DFラインに近づき後方ビルドは、主にどちらが担うか。ファビオがバタバタしないためにも、俊輔が一度DFライン近くまで下がるシーンも出てきそう。兵藤が、どれだけ優平らと共に遅攻で絡めるか …それは中盤以降になるかな

キックオフ15分前の、アウェイ浦和ゴール裏。個人的には、浦和戦と鹿島戦は2階席開いてドスの利いた声を響かせてほしいっス。リスペクトとかそんなんでなくスタジアムには「敵」がそれなりに沢山いないと雰囲気でないっス 

浦和では、1トップ李忠成+2シャドウ柏木陽介、梅崎司の動き。流動性。それにマリノスがどう対応するか。左SB下平匠がハーフウェイを頻繁に超え好機を窺うのは後半になってからかな? 兵藤と下平匠が高い位置で仕事をする時間、それをどれだけ長くできるかがマリノスのリスクチャレンジ

さあリーグ終盤を盛り上げる、首位イジメを! 何よりピッチに躍動感を! 


aoi_mari.png蒼井真理

(第29節Away大宮戦の)得点・失点シーンを映像で振り返ると、スタジアムで気付けなかった発見がアレコレあった。よって「清水戦・大宮戦の前半で見えたコンセプトと可能性、大宮戦の後半に見えた課題」については、またそのうち…

えーと端的に言えば、清水戦のTweetでも試合中・試合後に指摘した通り、「斜め前へのパスを多用し、サイドと中をバランス良く使い分け」「深みあるサイドチェンジを多用」は今季始動からのコンセプト。ようやく実戦で形が出せるようになり、結果にも結びついた。これは確かな積み上げであると

加えて清水戦および大宮戦の前半は「収める力・決定力を有する1トップ」不在でも、同じシステムの中で「2列目やボランチも流動的に守備ブロック内のパス交換に関与」「相手ボランチの脇を使う」「ボールホルダを追い越す動き」など、相手陣内・中央における遅攻の質と幅が大きく向上

2012後半〜昨季は絶対的1トップ・マルキーニョスと左SBでタメを作れるドゥトラがいて、齋藤学も効果的な「仕上げの突破」を繰り出していたため、遅攻のほぼ全てが「左サイドのペナ角崩し」に偏っていた。それはそれで実効性、完成度ともに高かった

…全然、端的になってないが、ちゃんと書き記しておくべき事だから、もう少し続けます

今季は、マルキーニョスという(1トップで収まる、決定力もある)絶対的な存在がいなくなり、FW4人に完全な代役が務まる同タイプは不在。加えて、ある意味「左サイドのペナ角崩し」最大のキーマン、ドゥトラも半年で引退。齋藤学は代表⇒いつ移籍するかわからん⇒怪我&不調

ドゥトラに関しては、ACLもあったし半ば「下平匠への引継ぎ期間」として無理を頼んで半年契約延長したが、リーグ戦では基本、フィットに問題ありつつも下平匠を我慢して使ったし、ドゥトラも夏場まではなかなかコンディションが上向かなかった

えーとつまり、今季は樋口監督が昨季ようやく積み上げた、マリノスに過去なかった「遅攻の型」左サイドのペナ角崩し、その重要なパーツの大部分を失った状態でスタートした訳です。で天皇杯優勝+積雪+ゼロ杯+ACLのフルコンボ

昨季の遅攻キーマンを失い、代わりに獲得した新加入選手たちにチームのベースコンセプトを植え付けてフィットさせつつ「彼らの特性を生かした新たな遅攻の型」を考え、テストし、実戦の中で熟成させなければならない。という無理ゲー状態でスタートしたのが2014シーズンです

伊藤翔や矢島卓郎、端戸や藤田には残念ながら、新たな遅攻コンセプトの軸としての強烈な1トップ&ストライカ特性が、マルキほど高いスペシャルな武器がありませんでした。それは過去実績や、ひらたく言えばコスト的にも、素人目にも最初から明らかな事でした

樋口監督としては、昨季の積み上げをできるだけ多く活用するために「できるだけマルキに近い適正、あるいは能力をもった1トップ候補」を獲得要請したはずです。ですがご存じの通り、それは敵わず「質より量」の補強で、彼らの成長・変異に賭けるシーズンスタートになった

ピッチで最も、このスタートを「無理ゲー」と感じていたのが、俊輔だったと思います。昨季のリーグ最終戦の結果を受けて、今季目指すならリーグ優勝しかない。頭では分かっていても、「いやしかし、このFWの顔ぶれ、準備期間のなさとACL含む過密な序盤日程では…」

目指す高みは変えられようもないけど、戦力の低下と新たな積み上げに取り組まなければならない、積み上げつつ勝点も拾っていかねば、でも拾い切れない。その焦燥・もどかしさから、昨季見せたような勝利・守備における「執念」が、今季は大幅に減退してしまった。人間だもの

なんか全然、簡潔にならんし、どんどん遠回りしてるな。下書きしての連投じゃないから

少し軌道修正。で「マルキに近い適正、あるいは適正や方向性は違えど近い能力を持つ1トップ候補」を獲得できなかった樋口監督は、始動から「より手数をかけて、サイドチェンジを多用し、サイドを深くえぐる」「SBやボランチが、相手SBのウラを取るような」すごく面倒くさい取り組みに着手します

これは「絶対的な1トップがいない」事を受け入れて、「よりチーム全体で、サイドを崩す」「2列目やボランチの得点力に期待する・引き出す」取り組み。昨季までの積み上げも部分的に取り入れつつ、特定の個に依存し過ぎず、下平匠や藤本淳吾の特性、齋藤学のスキルをより活用するアプローチ

現状認識(FW4人にマルキほどの個の強さはない)も、昨季までの積み上げを部分的に活用しつつ・新加入を含めた現有戦力の特性・スキルを引き出そうとするアプローチも、至極まっとうなモノだと思います。すごく時間がかかり面倒な取り組みですが

少し話をすっとばしますが、実際のところ、なかなか新たなコンセプトは形になりませんでした。リーグ3連勝の後は、上手く勝点を積み上げられずACLも厳しい状況となる中で、「新たな遅攻のコンセプトの積み上げ」は、ほぼ一時棚上げ状態になっていたと認識しています

新コンセプトが進捗しない&伊藤翔が望外の頑張りを見せてくれたので、おそらく樋口監督がとった選択は「大幅に能力も実績も劣るのは承知だが、伊藤翔に仮想マルキを演じさせ、昨季とほぼ同じコンセプトで進める」「足りない得点は学と藤本淳吾あたりに期待」「新コンセプトは、ジワジワ浸透」

今になって今季の戦いを振り返れば、おそらくそんな思考パターンであったのではないかと。その結果が、シーズン中盤の停滞感。「樋口、引出し少な過ぎ」「伊藤翔にマルキの代わりは無理に決まってるだろアホか」に繋がったと

つまり今季は昨季ラスト2試合の悔しい結果を受けて「もう一度、俊輔とリーグタイトルを狙う」しかなかったけれど、マルキのほぼ完全コピーが務まるようなFWが獲得できなかった時点で、ほぼ詰んでいた悲壮な無理ゲーでした

もし大宮のムルジャみたいなFWをオフに獲得できていれば、そして彼が即座にフィットしてくれていれば。でも序盤のドゥトラのコンディション、下平匠は1人でタメを作れるタイプじゃないし、新コンセプトの確立は不可避な課題で、かなり難しいタスクであったろうと推測します

しかし「結論、下條が無能!」というのも、少し短絡的だと思うのですが。マリノスが独自にハイパーな外国籍選手を獲得できたのは、記憶する限りマグローンが最後。彼は彼でハイパーすぎて、使い切れないまま獲得に使った資金も回収した様子ないまま「家族の事情」とかで逃げられましたが…

ご存じの通りマリノスは2006、07あたりから日産が「常識的な範囲でほぼ無制限に赤字を埋めてくれる」親会社的な立ち位置を、一定額を供給する胸スポンサに改めました。経営の自立を促され、戦力補強、とりわけ博打的な外国籍選手獲得からは、ほぼ手を引きました

他クラブが独自ルートで(過去にJリーグやKリーグで実績のない)優良外国籍を獲得し、大きな戦力とする事を羨ましく思う気持ちは理解できます。でも隣の芝生は青く見えるもの。全部が全部、当たりなんて有り得ない。やっぱり金銭的リスクは、相当高い訳で

特にここ数年のマリノスは、その金銭的リスクを背負える状態になく「博打的な外国籍選手獲得」からはほぼ完全に降りて、多少ロートル感あってもJで実績ある外国籍の獲得に絞っていたと。それは色んな意味で、大きく間違った選択ではなかったと思います

ああ樋口監督擁護の次は、下條統括本部長擁護でTweet数が無駄に伸びて、なんか「今季のコンセプトについて」という本筋から脱線している… いやでも「どうしてこうなった」をスケープゴートを作らず語るには、大事な要素なんです。…どうせあんま伝わらないだろうけど

――よし、もう一度話を本筋に戻そう。えーと何だっけ

「マルキの"ほぼ完コピ代役"は獲得できず」「(主として遅攻の)新コンセプトに着手せざるを得ない状況で迎えたシーズンであったが」「オフが短い、序盤はACLとの過密日程で熟成期間もとれない」無理ゲー要素満載、だった

で「シーズン半ばは、伊藤翔を劣化版マルキに見立て、昨季に近いスタイルでお茶を濁し時間と勝点を稼ぎつつ、日程に余裕ができたら少しずつ新コンセプトを伸ばしていこうとした」「が勝点拾えず、早々に優勝争いからは脱落」「引出しの少なさだけが目に付いた」と

樋口監督は、ほんとうに時間をかけてスタイルやコンセプトを積み上げて確立していくタイプの監督です。愚直なまでに正攻法のドストレートであり「うまく臨機応変に、お茶を濁しつつ勝点も稼ぐ」「平行してスタイルを確立する」とか、やっぱり無理だったんです資質的に。能力的に、ではなく

基本、私は樋口監督の「地道にスタイル・コンセプトを積み上げる」資質を高く評価してきたつもりです。多分に「実は俺もちょっと"どうなんだろうなあ"と思うとこもあるけど、あんまりにも実質からかけ離れた批判多いから、擁護してあげたい」天邪鬼な動機もありましたけど

ぶっちゃけついでに告白すれば、今季長い中断期間があって、再開した広島戦、そこからの数試合を観て「やっぱり引出しが少な過ぎる」「ベースコンセプトも昨季より、今季できない率がむしろ増えてる」「選手たちの気持ちを繋ぎとめるにも、さすがに今季で限界か」と思ってました。この1、2か月は

ただ、この2試合、清水戦と大宮戦を観て、今季始動から取り組んできた「遅攻の新コンセプト」が、ようやく実戦の中で形になって現れました。しかも確かな実効性と娯楽性、勝利という結果も伴って。しかも昨季より個への依存度が低く、かつてのマリノスになかった「意外性や即興性」があり、楽しい

そうやってプラスの視点で振り返ると「今季ここまでの流れと清水戦・大宮戦」は「樋口監督1年目の流れと、ホーム磐田戦」にかなり類似性が見られるな、と。とにかく樋口監督の積み上げは、実戦で形が見えるまで時間がかかる。そして「主力が不在で、仕方なく組んだ布陣に突如、最適解が出現する」

そしてその「コンセプトが形として見える試合の相手は、強すぎず・弱すぎず(ガチガチに引かず中途半端)、マリノスの良さや新コンセプトの輪郭と強みが強調される⇒勝利で自身を深める」2012年のホーム磐田戦、そして今季前節の清水、今節の大宮。…1stガンダムで言うデニムとジーン?

「主力が不在で、仕方なく組んだ布陣に最適解が出現する」「コンセプトが形として表れるタイミングで、試合の相手が強すぎず・弱すぎず」この巡り合わせって、運なんだけど大事な要素。これが噛み合わず消えて行った「理想のコンセプト」や「強者となる可能性あったチーム」は、星の数ほどあるハズ

当然「仕方なく組んだ布陣に最適解が出現する」のは、日頃からチーム全体にコンセプトの落とし込みをしつつ、様々な組み合わせを想定していたからで、運だけでは成り立たない。でも、運も多分に必要。そして、樋口監督は「2シーズンスパンで眺めれば、その運も持った積み上げ型の監督」ではないかと

清水戦と大宮戦を観て、今季の樋口監督3年目に、1年目の姿、チームの変遷・進化過程がダブって見えたのです。2012年はあのホーム磐田戦で大きな衝撃(いきなり完成形が見えた)を受け、その後のリーグ戦と天皇杯で「来季はリーグ優勝狙えるかも」と期待を抱くことができました

だから「これは3位以内にはならない方がいい、天皇杯も決勝まで行かないほうがいい、ACLは出ないほうがいい」って言ったらすげー叩かれましたけど。でも実際、今季の結果を見ても、2013年にACLに出てたら優勝争いは難しかったと思うんです

また脱線した。つまり、この「樋口監督じっくり積み上げ2年スパン説」が正しければ、来季はそれなりに正しい補強(ラフィの契約更新+できればポストタイプの強力FW+プラスα)が適えば、2013年のように優勝争いできるのではないか、と思った次第。樋口監督4年目があってもいいのかな、と

今季の始動前から「無理ゲー感満載」で6月を待たずに「いっそもう早く可能性なくして、ラクにさせて…」と思った、ほとんど諦めかけてた「俊輔とリーグタイトルを獲る」という夢が来季見られる、もしかしたら叶うんじゃないかと。それは新監督に賭けるより、樋口監督に託す方がベターかも、と

まだ、直近たった2試合を観て、なんとなく直感的に思った考えなので、自分の中でも確かなモノではありません。残りリーグ5試合を観て、またコロっと掌返さないという保証もありませんけど。でも、少し希望の光が見えたような気がしたんです

まあ俺がどう考えようと、信じようと信じまいと、結局一番大事なのは樋口監督がコーチも2年やって今季監督3年目で本人も、指導を受ける選手たちも、マンネリだったり変化を求める気持ちが生じて当たり前の時期。それを来季、乗り越えて行けるかっつーのが、最大の問題になると思います

だからラスト5試合、(それこそ2012のシーズン終盤のように)手応えある勝ち方で「この方向性で熟成すれば、来季は上を目指せる」とテンション上がる終わり方をできるかが、とっても大事。そんで長めのオフでしっかり疲れとって怪我なおして、身体つくって良い補強できれば。…夢を見たいんだ

aoi_mari.png蒼井真理

マリノスは8月23日、三ツ沢で川崎に勝利して以降、ずーっと10位。まる2ヶ月間、寝ても覚めても安定の10位。上3つ(優勝争い&ACL)も下3つ(降格)もない、安定の中位力が今季復活 

B0hPZc_CYAAcBhu.jpg-jpg

でも今日のアウェイ大宮戦に勝利すれば、他会場の結果次第では賞金圏内7位に躍進(※数字上は6位まで可能性あり) 1000万と言えば現在マリノス不動の1トップの年俸が余裕で賄えるほどのビッグ・マネーだよ

B0hPxSfCQAA1i0o.jpg-jpg

「年俸1000万未満の新加入FWがレギュラでチーム得点王だから安定の10位なんじゃねーか下條この野郎!」とかそんな話がしたい訳じゃないんだ… 少し夢が見たいだけ… 10位も飽きたし、今日こそNACK5で勝利してビッグ・マネーを、オフの補強資金を掴み獲ろうぜ!

※6位のFC東京と7位の広島が引き分けて、マリノスがNACK5で大宮に11点差で勝てば、10位から一気に6位に躍進する可能性もあるよ

6位の賞金は2000万円だよ。2000万円と言えば、2010年に動員水増しバレた大宮がリーグに払った制裁金と同じ額だよ

■アウェイ大宮リーグ戦

2005 △1-1 埼ス
2006 ●1-2 NAC
2007 △0-0 駒場
2008 ●0-1 NAC
2009 △0-0 NAC
2010 △1-1 NAC
2011 △1-1 NAC
2012 △0-0 NAC
2013 ●0-1 NAC

■NACK5スタジアム戦績:1勝6分2敗(ナ杯含む)

唯一の勝利は2009年6月、ナ杯GLで3-1。唯一のNACK複数得点試合。得点者は山瀬功治、渡邊千真、狩野健太。在籍選手でNACKゴール経験者は齋藤学のみ(クロスがそのままゴールに入ったアレ)

今年もリーグ終盤名物、大宮のラインコントロールが見頃を迎えています。「残留◎」スキル発動、開幕戦にはいなかった選手と監督が名を連ね、時にジャッジも味方につけ上位強豪クラブ並みの勝点奪取力を発揮。渋谷監督って誰だよ…ムルジャって何だよ…カルリーニョスは磐田じゃなかったのかよ…


※FW8ドラガン・ムルジャ
セルビア出身30歳、187cm。セルビア代表。セルビアリーグ得点王2回。7月みかかマネーでレッドスター・ベオグラード(2013/14は27試合出場19得点)から獲得。15節から出場し、リーグ12試合で7得点

加入したばかりのFWがリーグ12試合で7得点とか、もうファンタジー世界のできごとじゃねえか…

※カルリーニョスは磐田への1年間ローン移籍期間満了で今季復帰しました。個人的には、観ていて楽しい好きな選手です

前節「シュート数3対15でガスに勝利」とか何なんだよ…その前の天皇杯G大阪戦もシュート2本しか打ってねえし…このタイミングでひきこもり堅守復活とかやめてよ…渋谷監督って中身は三浦俊也でしょ? ベトナムから遠隔操作してるの?

ダメだ、まるで勝てるイメージが湧かない…
スコアレスドローの香りしかしねえ…

雨のNACKとか、これっぽっちも良い思い出がない…

でも俺は大宮へ、雨のNACKへ行くよ…
リーグ戦アウェイで大宮に初勝利する試合を見届けるんだ。

もし今日の試合で伊藤翔がゴールを決めて勝ったら、1000万の賞金圏に届いたなら、その時は来季の伊藤翔の年俸に1000万プラスしてあげてほしい

横浜から湘南新宿1本なのはラクだけど、微妙に遠いよ大宮。寒いし腹減ったし、大宮駅ついたら何か温かいものをゆっくり食べて、スタジアム着はキックオフ30分前くらいにしよう 

大宮戦スタメン。マリノスは前節、清水戦と変わらず。兵藤と富澤のボランチ、SHに優平と藤本淳吾。不動の1トップはチーム得点王の伊藤翔。CBファビオも2試合続けて先発
B0if_9iCUAAZpoj.jpg-jpg

大宮は累積警告で右SH家長昭博が、負傷でボランチ金澤慎、右SB今井智基が欠場。代わって渡邉大剛、増田誓志、チョウォニ。決定的なクロスやラストパスを供給する家長、守備が気紛れなカルリーニョスを補完する金澤の不在は大きな痛手だろう

B0ihpquCcAA8725.jpg-jpg

大宮駅から徒歩20分、NACK5スタジアムに到着。少し歩くけど、駅前の混雑と喧騒、味わいある商店街、氷川神社への参道で気持ち引き締めと、駅からの徒歩ルートの趣深さはリーグ屈指で俺は好きだけどなあ。タクシー使うとかもったいない 

メインS指定前売り5500円。無駄に高い、そしてバクスタより幾分マシだが横視点俯瞰厨としては高さが足りない。申し訳程度の屋根があるから、一応雨は凌げるけど… 

アウェイ、マリノスゴール裏。これまでのリーグ戦でも、最も狭い半分ちょいのエリア設定。NACKはゴール裏もバクスタも屋根がない。メインでさえ、30%くらいしかカバーされてない。改装の際、もう少しなんとかならんかったのか

ラフィを欠くマリノスの打開・決定力、リーグ2試合完封&シュート少ない大宮。現状の両チームを鑑みると、塩展開は想像に難くない。第三者的には「スコアレス濃厚」「双方合わせてシュート10本あるかなあ」な試合か。得点機は双方、ミス絡み・カウンタ・セットプレイか

「渋谷監督になって守備が大幅整備!」と言われるほど、大宮の守備組織は健全なものではない。特に中盤とDFラインの間、いわゆるバイタルをボランチが埋めきれていない印象。間あいだに縦パス入れられたり、DFが跳ね返したセカンドを頻繁に相手に拾われたり。圧縮、密度が不足

藤本淳吾と優平、そして兵藤には是非ともこのバイタル間隙を果敢に突いていってほしい。天候、ピッチコンディションを考えればミドルも積極的に打っていくべき。…相性とか考えると、富澤(あるいはファビオ)のセットか、ミドルシュートくらいしかゴールが生まれるイメージが湧かないw

でも下馬評ほど、今の大宮の守備は堅くないと思うんだけどなあ。実際生で観てみないとアレだけど。あと「渋谷監督は名将!」とかいった評価は短慮すぎて噴飯もの。カンフル剤として効果を発揮する事と、名将である事には一億光年の距離。たかが数試合、数ヶ月の仕事で本質が見える職業ではない

間もなくキックオフ! さあ今日こそNACKでリーグ初勝利を! あわよくば優平にゴールという結果を! 

---

10分経過。ボール支配は70:30で横浜。清水戦の良いバランス、距離感、攻撃意図を継続。わ加えて藤本淳吾の動き出しの質と量が上積み。とても良い入り方ができた。大宮は立ち上がりはDFライン高くバイタル圧縮。前半はウラ狙いで背走させるが吉。経過と共に、必ず間延びするハズ

29分、相手陣内FKのセカンドからファビオのヘッドをエリア中央に残っていた下平匠が何故かドフリーでヘッド、貴重な先制点! 残留争いする古巣を相手に大きな仕事(前節からそういう流れなのかしら

38分、自陣右サイドスローインから増田誓志の鮮烈ミドルを浴び失点。自陣深くでのスローインに繋がった、エリア内パンゾーの彼らしくないボール処理もたつきが無駄だったね。もっとラクにセイフティに処理できた

こんだけ遅攻の中から、ボックス幅のスルーパスやウラ狙いフィードが多いマリノスは珍しい。大宮はライン上げてバイタル圧縮したらしたで、DFラインの隙間と背後に問題アリ。…別段、守備組織の整備は進んでないと思うの

---

前半終了、横浜1-1大宮。シュート5:4(枠内3:2)決定機4:2。40分までは圧倒的に横浜がボール保持し大宮陣内でゲームが進む。流れの中で3つの決定機を作りつつ、セットプレイから先制する理想的展開。与える必要ないスローインからの同点被弾はもったいなかった

前節・清水戦もそうだけど、こんだけボール支配できると左SB下平匠の良さが全面に出るし、チームとしても今季コンセプト(手数かけた遅攻、サイド攻撃)が体現できる。この2試合は非常に良い実戦練習になっており、監督や選手も手応えを得ているハズ。だからこそ、前節と同じ勝利という結果を!

個々のパフォーマンスも、清水戦で良かった者は同等(優平や兵藤、下平匠)、やや足りなかった者も確かな上積み(藤本淳吾、俊輔、富澤)多くの離脱者を抱えながら、チーム状態はとても良好で伸びシロを感じさせる内容

相変わらず、樋口監督は「主力の怪我や不調でやむなく組んだ布陣」に絶妙なバランス、調和を見いだすなあw 少しだけ「樋口監督の4年目」を見てみたいかも、ど思い始めた。この方向性は面白い。新たなチームの幅になるし、かなり可能性を感じる 

さあ後半。前節の繰り返しになるけど、可能性を確かな上積みや前進に変えるのは、勝利という結果だけだよ!
aoi_mari.png蒼井真理

俊輔は100%でないという樋口監督の判断で、横浜に残りテレビ観戦。パンゾーも万全ではなくベンチスタート。奈良輪は今季最後のアピールチャンスか

怪我人やコンディション不良者続出のため、6週前の川崎戦@三ツ沢から6人がスタメンから外れちょっとアレな感じだけど、ぶっちゃけ一番痛いのはラフィーニャが再離脱した事であり、他はゲームプラン・役割分担を明確にできるか次第

ラフィ …得点を逆算できる唯一の存在
齋藤学 …個の打開。最近はできてないが
中村俊輔…良くも悪くもいるといないじゃ大違い
小椋祥平…チートな奪取力と意外性のパス
中町公祐…縦に強い球際とバランス維持
小林祐三…攻守に最も計算できる存在
栗原勇蔵…ファビオのやる気と試合勘次第

ぶっちゃけ伊藤翔+俊輔の組み合わせ(と学の不調)では「流れの中から得点できる気がまるでしない」ので、ラフィが不在で1トップを貫くなら、兵藤やら優平やら藤本淳吾が、少しでも伊藤翔の近くでプレイしたり追い越したりした方が、まだマシかもしれない

なので今日は2列目3人の動き、伊藤翔との距離感や関係性に注目してみたい。特に、藤本淳吾が「使う側と、使われる側」どっちでも存在感出せると、ラフィと俊輔が不在の今日のスタメンに価値が出てくるし、未来が見えてくるんだけど…

前目4人の構成で不安なのは「みんなが脇役」になってしまう事。2人も3人もフラッグめがけてサイドに流れ、エリア近辺に誰もいないとか想像でき過ぎて怖い。即興の判断になると思うけど「ゴールのための逆算」は、ゲームプランで約束事として持っておいた方が無難だと思う

前線の動きに関して、脱線した話題。昨日の関東大学2部、日体大vs平成国際大。日体大はCBとボランチ、サイドにもボールを受けて持てる・繋げる選手がそこそこいるのに、ロングボールを多用する志し、内容的にはかなりアレなチームであった

面白いなと思ったのは、1トップFW14藤井貴之のプレイ振り。中盤3枚がそこそこ繋げる選手なんだけど、彼らがボールを受けた際も、パスコースを増やすための動き直しとかしない。常に「相手DFラインと駆け引きし、自分がウラで受けるための予備動作」しかしない

それが多分にゲームプランに従ったもので、彼の特徴であるのも理解できたが「それにしても、もう少しパスコースに顔だして中盤を助けても良いんじゃないかなあ」と思った。しかし彼は愚直にウラを狙い続け、後半2分にシンプルな縦パス1本に抜け出し、決勝ゴールを奪った

「ああコレはコレでいいのか」と。スタイルやゲームプラン次第ではあるが、それが狙いなら1トップは「自分がゴールを奪うため、良い形でボールを受けるため」の動き直しを愚直に繰り返すべきであり「後ろを助けるためパスコースに顔を出し」ても、そこで手詰まりになったら、結局意味がない

マリノスを思う。伊藤翔は凄く頑張り屋さんで、サイドに流れてパスを引き出すが、大概コーナ付近で手詰まりになる。中央でCBに囲まれながら受けてキープする強さがない、ウラ取るスピードもないから仕方ないかもしれないけど、局面を前進させないと1トップがパスを受ける意味がない

サイドに流れてパスを受ける事が悪ではない。だが「そこからどうする」をチームとして、ゲームプランの中で、他の前線選手たちと意識共有して実践していかなければ。…さて今日の鳥栖戦、個の強さはなく流動性で崩さなければならない前目4枚で、何をしようとするか・何ができるか

aoi_mari.png蒼井真理


今季ラストの三ツ沢開催。26節 甲府戦。芝生が秋冬な感じでかなり浅め。ホーム自由席は、アウェイ寄りクルヴァ以外はほぼ埋まっています

スタメンは、伊藤翔と矢島卓郎の2トップ! 俊輔はコンディション不良でベンチ外、ここ数試合サッパリな学も外れて、藤本淳吾でもなく2列目に佐藤優平! と兵藤。どっちかと言うと優平はSHでなくトップ下で見たかったけど、かなり思い切った2トップ採用&スタメン

今日の注目ポイントは、佐藤優平と奈良輪雄太、そして矢島卓郎の3名のパフォーマンス… ではなく「決定的な仕事ができるか」否か。マリノスにおいて、樋口監督の下で序列を変えるのは生半可な事ではない。「悪くなかったね」「頑張ったね」では足りない、ダメなのだ

矢島卓郎に求められるものは明確。得点、チームを勝利に導くゴール! ボックス幅、よりゴールに近い位置でターゲットとして機能する事。迫力、相手守備陣の脅威になり続ける事。矢島がストライカ、CFとして計算(逆算)できるようになれば、システム変更の可能性も含め諸々捗る

奈良輪に求められるのは、度々指摘する通り「ファーストタッチ、クロス、シュートの精度」攻守の切り替えと集中力は問題ない。それで対人守備の軽さもカバーしている。あとはチャンスに効果的に絡む事。奈良輪はダイナミズムや運動量、攻守両面に絡めるのがウリ。最後の仕事が出来なければ価値は半減

今でも奈良輪は出場の度に120%のパフォーマンスを見せてくれていると思う。だがJ1で生き残るには、レギュラに近い場所に居続けるにはまだ足りない。パンゾー不在の今がチャンス。居場所を確立しピッチに立ち続ければ、才能や潜在能力なんて壁は試合毎に乗り越えていける。かも

佐藤優平が、2列目で煌めく才能を感じさせたのはユース1年時のみ。2年以降、大学、そしてプロ加入後は「自分の役所をわきまえた」クレバーな立ち回りが目を引く。ユースや大学では2.5〜3列目。トップでは1.5〜2列目で。「使う側、使われる側」のどちらも出来るのが優平の幅、賢さ

ユース1年時を除き、優平のプレイに(例えばアンドリューのような)傑出した才能、ポテンシャルを感じた事はない。役所をわきまえる姿は器用貧乏にも見える。しかしその「知性と幅」は魅力であるし、才能的には2列ド真ん中で、殺傷能力高いドSなパスを繰り出すセンスも未だ持ち合わせる…ハズ

兵藤も1.5〜3列目までこなす「使われる側」「潤滑油タイプ」のマルチロールだが、優平は「使う側」「決定的な仕事をする」方向にも幅や才能がある。使い分ける知性がある。その幅や才能が、どこまでJ1レベルで通用するかは未知数だが、まずは公式戦のピッチに立ち続けなければ始まらない

準レギュラ以上の立場を掴んだ後に「穴埋め役に最適な単なる器用貧乏」となるのか「どのポジションでも中心選手として輝く才能」を秘めているのかは分からない。ただ優平の「1.5〜3列目まで」「使う側も、使われる側もこなす」幅と知性は、計算できるとなれば、チームの底上げは大きく進捗する

とにかく矢島も奈良輪も優平も、コンスタントに試合に出続けなければ「計算できない」「たまに使って、上手くいく事を祈るのみ」となる。まあこの辺は、樋口監督の起用・底上げマネジメント能力やリスク挑戦がアレなので難しい問題ですが。選手としては、与えられたチャンスをモノにするのみ!

さあ勝とう! 確かなアピールも、チームの勝利あってこそ 

--

甲府は5-4-1ブロックだけど、ハーフウェイより前で結構厳しく限定してくる。ワンサイドカット、タッチ際に追い込み狭く、選択肢を消してボールを奪う意図は明確。そっからのサイド攻撃。4分、最初のチャンスは甲府。言うほどドン引きじゃない。重心は後ろでも、能動的な守備

14分、兵藤と優平が中心となり、相手守備ブロックの内側で動きながら付ける、受けるトライ。平時のマリノスにはない光景で新鮮w あとは2トップがコレに上手く絡んでくれば、とても面白い。ここまで伊藤翔と矢島はまだ良い絡み無し

兵藤はブロック内側、狭いとこで受けて捌くのが本当に上手い。スペースに走るだけだった3年前までとは、まるで別人。そして小椋祥平・改が完全に攻守チームのヘソとなって全体をコントロールるw マエストロ中町も驚愕の存在感

--

前半終了、横浜0-0甲府。シュート4:2(枠内3:1)決定機1:1。兵藤(たまに優平)が間あいだで受けて捌くが、2トップが上手く絡んでこない。右SB奈良輪がクロスを上げる形は作るが、中と合わない。ビルド&チャンスメイクはそこそこ。でも最後1つ前のとこで可能性が潰える。難しい

2トップにするのは良いんだけど、樋口監督は攻守の役割を明確に与えてピッチに立たせて下さい。伊藤翔と矢島卓郎、フリーダム過ぎます。局面で頑張るだけ(矢島はそれすら怪しいが)局面を作るためどうするか、後ろを助けるための限定とか適当、気分次第。2トップにしたメリットが前半ゼロ

矢島卓郎は今季ここまでの状況の中、先発で起用されてこんなプレイ、表現しか出来ないのか。ナ杯アウェイ柏戦では頑張り見えたけどなあ。今日は全然ダメ。要求もないし、必死さも見えない

奈良輪はファーストタッチ、クロス精度……。前半だけで5、6本はクロス上げてるけど可能性を感じない。厳しい。球際の守備、身体の入れ方とかは公式戦を重ね上手くなってるけど

優平は左サイドでジウシーニョを見るため、兵藤と比べやや存在感希薄。今日もかなり、右肩上がり。下平匠も自重気味で、見方によっては変則3バック。半分は奈良輪のアグレッシブさを生かすため(学いないし、仕方ないとこもある)…奈良輪、結果出さないとダメだよ

前半、素晴らしい存在感を発揮してるのが中澤と勇蔵のCBコンビ、小椋、兵藤。…いつもの皆さんじゃないか。これじゃダメだろ

2トップは役割整理するだけで、もっと良くなると思うけどな。ストライカとは、ルールや規制、相手DFからの制限がある中で、自らの裁量でそれを超えたり無視したりして結果出すもんだ


aoi_mari.png蒼井真理

火曜日、祝日の日産スタジアム。2014リーグ戦も残り10試合。優勝も降格もなく、ACLも鹿島戦に敗れ遠のいた。目標を見失ったまま、何も積み上げる事なく8〜13位あたりで終わるか。「ただ目の前の一戦に」それは正義。しかし、その一戦に集中し一体となるために大義名分や旗印は必要なのだ

スタメンは土曜の鹿島戦から、右SH藤本淳吾→兵藤のみ変更。右SB奈良輪、1トップ伊藤翔は変わらず。パンゾーとラフィが怪我なのです。特にラフィは鹿島戦の途中出場で再離脱とかもう…。スタメン予想された富澤はベンチ。あの鹿島戦のパフォーマンスでは、小椋やスタンドのファンに対し失礼

鹿島戦では齋藤学も、ベンチに置かれた兵藤に失礼な出来だった。最近の学は得点に絡めないだけでなく、仕掛けの回数が少ない。鹿島戦では良い位置・形で受ける事すらままならなかった。今の学をスタメン起用する価値は? チームとして崩しの形が作れない、学お願い! な思いは理解できるが…

学は一度またベンチに落とした方が、本人のためにもいいと思うけど。逆に藤本淳吾は、鹿島戦でも全然パッとしなかったし特に守備では周りに迷惑かけたけど、来季を考えたら今は我慢してスタメンで使うべきじゃないかしら。ダメなら交代、は全然いいと思うけど

広島は2-0で勝利した土曜の新潟戦からスタメン変わらず。1トップはリーグ戦5試合連続、皆川佑介が先発。佐藤寿人は19節からスタメンを外れている。一時代の終焉、森保一監督の未来を見据えた大いなる決断。…マリノス&樋口監督では、これが大変難しい。つーか出来ない

マリノスとしては最近の対戦時は不在も多かった青山直晃、ミキッチの2人が揃っているのは凶報。ひとつの課題は、青山や森崎和幸を小椋&三門雄大が潰せるか。もうひとつはミキッチ番。いやー下平匠じゃ全く止まらんだろw ああそうか、だから学は外せないのか。今も守備の頑張りは素晴らしい

「ただ目の前の一戦」それ以外に価値や見所を見いだし難い残り10試合。では今日は『ミシャ系チーム(広島と浦和)に抜群に相性の良かった樋口マリノス、その強みまで消え去ってしまうかの分水嶺』として観戦してみては如何でしょうか?

2014 対ミシャ系:
ゼロ杯vs広島●0ー2
J10節vs浦和●0ー1
J12節vs広島○2-1

2013 対ミシャ系:
J5節vs広島○3-1
J17節vs浦和○3-2
J23節vs浦和○3-0
J29節vs広島○1-0
天皇杯vs広島○2-0

2012 対ミシャ系:
J9節vs浦和○2-1
J11節vs広島○3-1
J25節vs浦和●1-2
J28節vs広島△0ー0

2012〜13対ミシャ戦績:7勝1分1敗:18得点7失点

樋口体制1、2年目は「ミシャ系への対策のver.up」を重ね、結果と上積みを得てきた

2013は全勝! 浦和と広島は近年リーグの上位強豪で、ここの直接対決で内容と結果で上回れた事が、昨季のリーグ2位、天皇杯優勝に繋がったのは疑いない。単なる一つひとつの勝利でなく、順位と自信を確かに向上させた。「ミシャ系に強い」は樋口マリノスの大きな強みだった

しかし今季は、ゼロ杯の大敗はコンディションの問題としても、リーグ戦で浦和に敗れ、アウェイ広島戦も勝ちはしたがAT2発。90分は広島のゲームだった。実質・内容的には、今季3敗と言ってもいい。「ミシャ系に強い」その強みまで消え去るのは、樋口マリノスにとって大変キツい

というのも「対ミシャ系◎」特性は、決して「なんか相性いいよね」なんかじゃなく、樋口監督の掲げた「リアクションでなく、攻守に能動的」を勇気持って実践した結果、ver.upを重ねて内容伴う「自分たちのサッカー」で勝ちと自信を積み重ねた。樋口マリノスの象徴的な勝利が、そこにはあった

対ミシャ系戦術の肝は「ミシャ系の攻撃キーマン、2シャドウを如何にケアするか」樋口マリノスver.1.0は「ボランチ2人がほぼマンマーク」相手に合わせる完全なリアクション。2シャドウが1トップを追い越すと、DFラインは5バックや6バックになる事も

対ミシャ系ver.2.0は、2シャドウを「ボランチ2人がゾーンで見て受け渡す」もの。マンマークではなくなり、ボランチ同士やCBに受け渡す事も。受動性、相手に合わせ自分たちの距離感を崩す頻度は大きく低下した→セカンド拾える&守→攻の切り替えが向上

対ミシャ系ver.3.0は、樋口マリノスの究極形。ボランチは2シャドウを捨てて、相手ボランチを食いに行く。自由なポゼッションを許さない。2シャドウ+1トップを2CBで見る。SBは、相手2シャドウとWBの両方を見る(!)つまり、どっちかを捨てる。素晴らしく挑戦的な2013ver

樋口マリノスの究極形、対ミシャver.3.0に今こそ再挑戦! 残念それはロスト・テクノロジ。「SBが2シャドウとWBを両方見る、どっちかを捨てる、受け渡す」は、ドゥトラ&パンゾーの経験に裏打ちされた判断、中澤&勇蔵との阿吽の呼吸あってのもの。奈良輪と下平匠では再現不可能

改めてドゥトラは偉大だった。キープとか持ち運びとかそんだけでなく。ポゼッションにせよ守備にせよ、経験値による判断力や引き出しの多さがとんでもないレベルであった。個としての対人守備は、最後まで問題あったよ。凄みはそこではなく「見る、捨てる」判断とか、駆け引きとか

ドゥトラはさすがにもう帰ってこないので、パンゾーがいてもver.3.0は不可能。今日の広島戦は対ミシャver.2.0「ボランチ2人が、ゾーンで2シャドウを受け渡す」になると思います

今日の注目ポイントは、小椋と三門の2人が如何に2シャドウを消せるか。2シャドウへのパスコースを消しつつ、青山にもプレッシャを掛けれたら最高。2シャドウに張り付くだけでDFラインに吸収されるのは、あまり良くない。それでも高萩洋次郎と石原直樹に決定的な仕事をさせないのが最低限

小椋と三門のボランチ2人が
「如何に能動的に」役割を果たし、主体性ある守備から勝利を得るか。それが今日の課題、テーマ。ただ勝つだけではダメ。アウェイ広島戦とかウンコ。対ミシャ系への強み、そこまで消えたら樋口監督のマリノスもいよいよ終焉

何はなくとも小椋と三門の働きがキモ。ただ、青山敏弘に食いつくには、伊藤翔と俊輔がどれだけ高い位置から限定できるかも鍵になってくる

---





Powered by Movable Type 5.02

最近のブログ記事

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち蒼井真理 @aoi_mariカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはゲストです。

次のカテゴリは番外編です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。